【車売却Q&A】バンパー塗装の修復歴を自己申告すべきか?

過去にバンパーを擦ったことがあって、カーコンビニ倶楽部で塗装の修復をしたことがあります。プロの塗装修復なので、見た目では分からないようになってますが、下取りを見積もってもらうときにバンパーを擦ったことを言うべきなんでしょうか?

仕上がりの程度にもよると思いますが、
プロの補修でキレイに仕上がっているのであれば、
とくに自己申告する必要はないと思います。

 

塗装の補修歴を正直に自己申告すると、
それを理由に問答無用で査定額を下げてくる
査定士さんがいるからです。

 

 

プロに補修を依頼して、見た目で分からないほど
キレイに修復できているなら、わざわざ自己申告する
必要はないと考えます。

 

 

一方で・・・

 

 

自分で補修ペンなど使って、見よう見まねで
補修したのであれば、先にひとこと言っておいたほうが
後でトラブルにならなくて安心だと思います。

 

 

出張査定は、短時間で査定しないといけないため
ポイントを絞ってざっくりとしたチェックをします。

 

そのため、細かい部分については見落とすこともあり、
車を引き取った後に、いろいろとクレームを付けられてしまう
トラブルがよくあるからです。

 

 

車の売買契約をしたときの契約書を見ると、
虚偽申告があった場合には、査定額の修正に
応じなければならないという規定が書かれています。

 

そのため、後で買取業者からクレームと付けられると、
受け取ったお金の一部を返金しなければいけないわけです。

 

 

受け取ったお金が手元に残っている場合はまだいいですが、
次の新しい車の支払いなどで、すでに使ってしまった場合には
かなりキツイことになってしまいます。

 

そのため、あとでクレームを言われる可能性のあることは、
先にこちらから自己申告しておいたほうがいいわけです。

 

 

【関連記事】修復歴で嘘をつくと損?

 

 

ご相談者様の場合ですと、
プロに塗装補修してもらっているわけですし、
とくに自己申告する必要はないと思います。

 

ただし、自己申告するかどうかの最終判断は
自己責任でお願いしますね!