【車売却Q&A】修復歴ないのにあると査定されたのはなぜ?

近所の中古車販売店に、車の買取査定をしてもらったんですが、新車で買って修復歴は一度もないのに、修復歴があると査定されてしまいました。頭にきてそのまま帰ってきましたが、修復歴のない車を修復歴ありと判定することとかありえるんでしょうか?相手はプロのはずなのに、こんないい加減な査定をされて本気で頭にきました。この中古車販売店の査定士、こんなヤツが存在してていいと思いますか?

新車で買った車ということですし、
ご相談者様が「修復歴はない!」とおっしゃるのであれば、
その査定士さんが100%間違えているということですね。

 

ご相談者様が頭にくるのも分かる気がします!

 

 

ただし・・・

 

 

査定士さんの立場で考えてみると、

 

もしかすると過去に修復歴を見抜けずに
トラブルになった経験があったりして、
必要以上に慎重になっているのかもしれません。

 

 

いわゆる中古品の鑑定については、
売る方と買う方の「だまし合い」みたいなところが
あるので、仕方ないところですね・・・。

 

 

ということで、

 

査定士さんが修復歴のない車を
「修復歴あり!」と誤判定してしまう理由を
いくつか考えてみましょう。

 

 

新車の時点で溶接不良などの「初期不良」があったケース!

 

現在の日本車はとても品質が高いので、
溶接不良などの「初期不良」はほとんどありません。

 

 

しかし・・・

 

 

初期不良を100%防ぐことは難しいため、
初期不良を抱えている車を購入してしまう
可能性はありえます。

 

新車の「初期不良」とは?

自動車にかぎらず、工業製品には一定割合で「初期不良」が存在するものです。いわゆる「不良品」と呼ばれるもので、本来であれば工場出荷前に検査ではじかれるところを、チェックミスで販売されてしまうわけです。

  • 溶接不良
  • 塗装不良
  • 部品欠損など

 

不幸にも、あなたの愛車が何らかの初期不良を抱えていた場合には、
査定士さんから見て「修復歴あり!」のサインだと判断することは
十分にありえることです。

 

 

売手と買手の人間的相性が悪いケース!

 

何か物を売るということは、
売り手に「信頼性」がなければダメです。

 

 

例えば、ブランド物のバッグを購入するときに、
一流デパートや専門店なら信頼性があるので
安心して買うことができますが、

 

路地の出店みたいなところでは、
信頼性がなさすぎて、高級ブランド品など
買おうという気にはなりません。

 

 

つまり・・・

 

 

もしかすると、査定士さんから見て、
あなたが「怪しい人間」に見えてしまっていた
可能性があるかもしれないです。

 

隙を見せたら相手をだましかねない
信頼できない人物だと思われた可能性が
あると思うわけです。

 

 

査定士さんと話をしたときの、

 

あなたの表情はどうでしたか?
あなたの言葉づかいはどうでしたか?
あなたの服装はどうでしたか?

 

もし何か思い当たることがあるなら、
注意した方がいいですね!

 

 

単純に査定士さんの査定能力が低いケース!

 

あとは、単純に、その査定士さんの
査定能力が低かったことが考えられますね・・・。

 

そんなことは普通にありえることですし、
「今回はハズレだったなぁ」くらいの軽い気持ちで
あまり気にしないことをおすすめします。

 

 

いずれにしても・・・

 

 

買取業者はそこだけではないので、
別の買取業者にも査定を依頼するといいですよ!