【車を高く売る方法】雨の日は不利になる?出張査定と天気の関係

【車を高く売る方法】雨の日は不利になる?出張査定と天気の関係

 

天気が悪いからといって、査定額が下がるとは考えにくいです。

 

手元にデータがないので感覚的な回答になってしまいますが、おそらく査定額と天気に関連性はないと思います。

 

 

ただし、出張査定しに来る担当者さんにもよるかもしれません。

 

もし確実に雨が降ることがわかっているなら、わざわざその日を選ぶ必要はないんじゃないかと思います。

 

とは言っても、いくら週間天気予報をチェックしても、予想が外れるときは外れてしまうもの…

 

なので、そこまで神経質になっても仕方ない気もします。

 

一般的には査定額と天気に関連性はありませんので、あまり気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。

 

ちなみに・・・

 

天気が悪い日に出張査定してもらうメリットはないのか?

 

運悪く出張査定の日が雨だったとして、雨だからこそのメリットが何かないものでしょうか?

 

たとえばですが、しっかりワックスをかけておけば、雨つぶをバッチリはじいてくれますよね?

 

これって査定士さんに対する有効なアピールポイントにならないでしょうか?!

 

なので、天気にかかわらず、出張査定前にはワックスをかけておくと安心ですね。

 

他には、日光不足でちょっと薄暗い状態だと、ボディー表面の小傷などがうまい具合に隠れてくれて、逆に評価が上がるかもしれません。

 

さらに言えば、「雨の日にわざわざありがとうございます!」とか、「雨の日にがんばっていらっしゃいますね!ご苦労様です!」などとねぎらいの言葉をかけてあげたらどうでしょう?

 

雨でモチベーションの下がっていた査定士さんの気持ちを、ポジティブにさせることができるかもしれないですよね?!

 

「ピンチはチャンス!」という原則

 

交渉が上手な人を観察していると、不利な状況を逆に利用して交渉を有利に展開するスキルが高いです。

 

不利な状況を逆転させるのはエネルギーの要ることですが、逆転させることができさえすればかなりのパワーを発揮します。

 

「ピンチはチャンス!」

 

雨が降っているという一見ネガティブな要素も、それを逆に利用する気持ちで、出張査定を受けてみてください。

 

ピンチをチャンスに変えることができれば、思わぬ高額査定を勝ち取ることができるかもしれません。


このページの先頭へ戻る