【車売却Q&A】査定額と走行距離の関係性は?

車を買い換えることを検討してまして、ちょっと疑問に思ったことがあるので質問させてください。実は今乗ってる車の走行距離が79,900キロを少し超えた程度でして、もう少しで8万キロに到達しそうな状況です。私は普段から車に乗る機会が多いので、もしかすると近いうちに8万キロに達してしまう可能性があります。そこで質問なのですが、査定額と走行距離の関係性についてどう考えたらいいのでしょうか?つまり、8万キロに達してしまった場合に査定額が激しく下がってしまったりすることはありえるものでしょうか?

中古車買取業者の価格表みたいなものは、
一般に5千キロ単位で分けられてることが多いみたいです。

 

そのため、8万キロの大台に乗ってしまうと、
査定額が多少下がってしまうことはありえる話です。

 

 

ご相談者様が今の車を確実に買い換えるのであれば、
8万キロの大台に乗る前に早めに査定を依頼した方が
いいかもしれないですね。

 

 

ただし・・・

 

 

査定額が多少下がるとは言っても、
劇的に激しく下がってしまうことは考えにくいですよね。

 

おそらく数千円とか、そういった小さいオーダーでの
変動になると思いますので、まだ買い換えるかどうか
悩んでる状況であれば少し待ってもいいと思います。

 

 

いつも思うのですが、
車は売りたいときが売りどきだと思います。

 

売りたいと思ったらなるべく早めに行動すべきですが、
まだ売りたくないなら8万キロに到達するかどうかにかかわらず
もうしばらく乗り続けるということで問題ないと思いますよ。