【車売却Q&A】見積もり依頼後に迷惑電話がかかってきたら

知り合いに聞いた話ですが、車を売る気はなかったそうなんですが、もし売るとしたらいくらで売れるのか興味があってインターネットで○リバーの無料査定を使ってみたそうです。そしたら、すぐに電話がかかってきて、「いついつに査定しに行きたい」とかなんとか、しつこい電話があって断るのに苦労したそうです。無料査定を使ってみたい気持ちはあるんですが、その後に迷惑電話がいっぱいかかってきたら困るのですが、休日とかならまだしも、仕事中とかにもかかってきたりすると嫌なんですが、そういう迷惑電話がかかってきた場合にはどう対処するのがいいと思いますか?

まず大前提として、インターネットの無料査定のサービスは、
車を売る予定のある人が利用するサービスです。

 

車を売る予定がないにもかかわらず無料査定を依頼するのは、
買取業者の立場で考えれば単なる迷惑行為です。

 

 

つまり、ご相談者様のお知り合いのケースでは、
○リバーが悪いわけじゃなくて、逆に、お知り合いの方が
企業の営業妨害をしてしまっていると言えますね!

 

車を売る予定がないのであれば、
無料査定は絶対に依頼しないようにしましょう。

 

 

車の無料査定の一般的な流れ

 

・インターネットで無料査定の申し込み

 

 

・メールの自動返信で概算の見積もり金額をお知らせ

 

 

・担当者から電話がかかってきて出張査定の日時調整

 

 

・出張査定で詳細な見積もり金額が確定

 

 

・価格について交渉、納得できれば売却の契約

 

 

・後日、車の引き渡し&お金の振込み

 

 

査定を依頼したら、必ず電話がかかってきます。

 

これは常識で考えてあたりまえのことですし、
この電話を「迷惑電話」と感じてしまう感覚は、
社会人としてズレてると言わざるをえません。
(※失礼な言い方ですいません。)

 

 

【関連記事】嘘の電話番号で登録してもいいですか?

 

 

ちなみに・・・

 

 

買取業者からどんなタイミングで電話がかかってくるかというと、
一般的には「査定の申込をした直後」にかかってくることが多いです。

 

というのも、申し込みをした直後であれば、
申し込みをした本人が「電話に出れる状況」にある
可能性が高いと考えられるからです。

 

 

例えば、もし仕事中にサボりながら無料査定に申し込むと、
買取業者は「この人、今なら暇なのかな?」と判断して、
仕事中でもお構いなしに、すぐに電話がかかってきたりします。

 

つまり、仕事中に電話がかかってくるのが嫌なら、
仕事中に無料査定の申込はしないようにした方がいいですね(笑)