車を売るか売らないか迷ったときの7つの判断基準とは?

車を売るか売らないか迷ったときの判断基準は?

 

車を売るか? それとも、売らないで乗り続けるか? お気に入りの愛車も、いつかはお別れのときがきます。そのタイミングをどのように決めたらいいのか? あなたはどのように考えますか?

 

そこで、このページでは、車を売るか売らないか迷ったときの、判断基準について解説します。当てはまる項目があるかどうか、チェックしてみてください。

 

 

【車を売る判断基準1】見た目・外観の劣化

 

車を売るタイミング,見た目・外観の劣化

 

車は一般的に屋外に出しっぱなしなので、雨風に打たれて傷んでくるものです。また、夏場の強い日差しは、塗装の色あせにつながります。

 

運転中にも小石などで塗装が傷んだり、雪の降る地域だと凍結防止剤による塩害なども出てきます。車庫入れのときにバンパーをこすることもあるでしょうし、ぶつけられてヘコんでしまうこともあるでしょう。

 

ヘッドライトが黄色く濁ってきたり、汚れがどうしても落ちにくくなってしまったり、新車のときの輝きをキープすることは並大抵のことではありません。

 

さらに言えば、デザイン的な流行は移り変わるものなので、古臭い印象になってくることもあるでしょう。

 

このように、見た目・外観は時間の経過とともに劣化していくものです。これはしかたありません。見た目・外観の劣化具合が気になるかどうかは、車を売る・売らないの判断基準になりそうです。

 

【車を売る判断基準2】安全面の不安

 

車を売るタイミング,安全面の不安

 

車は時間の経過とともに、安全性能も低下することがあります。例えば、走行中に燃料ポンプが突然壊れて、道路上で停止してしまうことがあったりするわけです。

 

高速道路で突然動かなくなったりすると、後ろから追突される危険性があります。とても危ないです。

 

その他にも、突然ブレーキが効かなくなったり、夜間の走行中にヘッドライトや各種ランプ類が切れてしまったり、オイル漏れで火災が発生してしまうこともあったりします。

 

車の内部構造の劣化は、車検などの定期検査をしていても見抜くことは難しいです。起きてしまってから修理するという「対処療法」しかないのが現状ではないでしょうか。

 

と考えるなら、何かのトラブルが起きたときというのは、車を売る・売らないの判断基準になると思います。特に、2度3度連続してトラブルが起きたときには、思い切って手放すことを決断すべきタイミングかもしれません。

 

【車を売る判断基準3】自動車税・重量税の増額

 

車を売るタイミング,自動車税の重課

 

知らない方も多いと思うのですが、初年度登録から「13年」を経過した車は、「自動車税」と「重量税」が上がってしまいます。どの程度上がるかというと、自動車税が「15%」のアップで、重量税がおおよそ「1.4〜1.5倍」のアップになると思ってください。

 

  • 自動車税・・・15%と覚えておくとOK
  • 重量税・・・おおよそ1.4〜1.5倍と覚えておくとOK

 

税金は細かい区分がゴチャゴチャありますし、頻繁に数字が変わります。なので、細かい数字はここでは出しませんが、イメージだけつかんでいただきたいので、簡単なシミュレーションをしてみましょう。

 

例えば、排気量「1.8リットル」、車両重量「1.2トン」のエコカーではない車について考えてみます。

 

  • 自動車税=通常39,500円×1.15=45,425円(毎年)
  • 重量税=通常24,600円×1.4=34,440円(2年に1回、車検時)

 

1年あたりで考えると、自動車税が5,925円アップで、重量税が4,920円アップの、合計10,845円アップになります。車の「車格」によって金額は違ってきますが、イメージとしては年間1〜2万円ほどの増額になると思っておくといいでしょう。

 

自動車税や重量税が13年経過すると高くなるのは、「古い車は環境に良くない」という考え方があるようです。エコカー減税というのを聞いたことがあるかもしれませんが、エコカーを減税するための財源として、エコカー以外の13年経過した古い車は増税するというわけです。

 

ということで、日本の税制的には「古い車=13年経過した車」という認識になります。税金を多く払わされるのが嫌な場合には、おおむね10年を超えた時点で売る・売らないの検討を始めるタイミングといえそうです。

 

【車を売る判断基準4】車検切れ直前

 

車を売るタイミング,車検切れ直前

 

車検切れ直前は、車を売るのに適したタイミングです。車検を通すのに10万円程度はかかるものですが、車検を通したからといって、車の市場価値がそれだけ高まるとはかぎらないからです。

 

車検を通すのであれば、さらに2年間乗るつもりで通すのがいいでしょう。逆に、近い将来に売ることを考えているなら、車検が切れる直前のタイミング(おおむね3ヶ月以内)で売ってしまうのがおすすめです。

 

いずれにしても、車検のタイミングは、車を売る・売らないの判断をするのにいいタイミングです。条件反射的に車検に出すのではなくて、一度冷静に考えてみるのもいいかもしれないですね。

 

このテーマについては、「【車を高く売る方法2-3】車検切れ直前に売るのがお得な理由とは?」でも詳しく説明しています。もし興味がありましたら、ご覧になってください。

 

【車を売る判断基準5】別に乗りたい車がある

 

車を売るタイミング,別に乗りたい車がある

 

同じ車にずっと乗り続けるのもいいですが、新しい車に乗り換えるのも素敵なことです。毎年多くの新車が登場していますし、新デザイン&新性能の最新の車は、やはりとても魅力的なものです。

 

あるいは、最新型ではなくても、まるっきり違うタイプの車に乗り換えるのもいいでしょう。例えば、これまでコンパクトカーに乗っていたのを、走り重視のスポーツカーに乗り換えるとか、家族のためにワンボックスカーに乗り換えるとか、燃費のいいエコカーに乗り換えるのもいいですね。

 

車が変わると、気分も生活も大きく変わってくるもの。一度きりの人生を、いっしょに歩んでくれる新しい「相棒」をぜひ探してみてください。

 

ということで、別に乗りたい車が見つかったときには、思い切って今の車は売ってしまってもいいと思います。心がワクワクするような車に乗りたいものですね。

 

【車を売る判断基準6】生活に車が必要なくなった

 

車を売るタイミング,生活に車が必要なくなった

 

生きていると、いろいろなことがあるもの。例えば、転職したり、結婚したり、ライフステージに合わせて、いろいろな変化が起きるものです。

 

そういった変化に応じて、車との付き合い方も変わってきたりします。例えば、それまでは通勤に車が必要だったのが、都会に引っ越して電車通勤になったなら、維持費ばかりかかる車は必要ないでしょう。

 

「今の生活に車が必要かどうか?」ということを考えてみて、もし必ずしも必要ないなら、思い切って手放すという選択肢もありだと思います。あなたの場合、今の生活に、どうしても車が必要ですか? それとも、無いなら無いで困らなかったりしませんか?

 

車は趣味的なものでもあるので、必要性だけで判断するのは間違いだと思います。ですが、費用対効果を考えて、客観的に判断するのは大切なことではないでしょうか。

 

【車を売る判断基準7】ローンの支払いが終了

 

車を売るタイミング,ローンの支払いが終了

 

ローンが残っている車でも、売ることは可能です。ですが、ローンが残ったままでは、厳密には「他人の車」です。ローンを払い終わってはじめて、「自分の車」になるわけです。

 

ローンを完済するというのは、ひとつの「けじめ」です。けじめがついてから、次の車に買い換えるというのが、本来のやり方ではないでしょうか。

 

逆に言うと、ローンを完済したのであれば、自分の好きなように判断していいということ。売らないでそのまま乗り続けるという判断でもいいですし、気分一新、別の車に乗り換えるという判断もあなたの自由です。

 

もちろん、せっかくローンを完済したんだから、このタイミングで売るのはもったいないという考え方もあるでしょう。そう思うのであれば、無理に売る必要はないです。

 

一方で、ローン完済によって、ある意味「選択の自由」を手に入れたことになるので、いろいろな選択肢を考えてみるのも楽しいと思います。


\いくらで売れるかすぐ分かる/

※相見積もりを取るならこちらが便利(最大10社)