【車売却Q&A】前オーナーのときの修復歴

前のオーナーのときに、修復歴があった車に乗っています。この車を一括査定してもらうときに、前のオーナーの修復歴を話すべきでしょうか?

修復歴のある車を売るのであれば、
買取業者の査定を受ける際に、
きちんとそのことを伝えるべきです。

 

 

なぜなら、修復歴を隠したまま契約が
成立してしまった場合に、

 

あとから返金を迫られてしまうなど
トラブルに発展することがあるからです。

 

 

【関連記事】修復歴で嘘をつくと損をする!

 

 

前のオーナーの修復歴を把握している場合

 

前のオーナーの修復歴を把握している場合は、
査定士さんに正直に話してください。

 

「前のオーナーが○○を修理したと聞いています。」
「前のオーナーのときに修復歴があると聞いています。」

 

↑↑↑

 

修理の詳細が分かる場合は、
細かく伝えたほうがいいですし、

 

詳細が分からない場合にも、
修復歴があるという「事実」を
伝えるようにしましょう。

 

 

一方で・・・

 

 

前のオーナーの修復歴を把握していない場合

 

あとで問題になる可能性があるのが、
前のオーナーが修復歴を隠したまま手放していて、
あなたに修復歴が知らされていない場合です。

 

 

あなた自身が修復歴を隠している
わけではないのですが、

 

結果としてあなたがだまそうとしたと
みなされる可能性は否定できません。

 

 

対策としては・・・

 

 

もしあなたが中古車に乗っているのであれば、
査定士さんにしっかり査定してくださいと
念を押すことが重要です。

 

「私自身は事故ったり、修理したことはありません。」
「ただし、前のオーナーに修復歴があったかどうかは分かりません。」
「あとで返金など求められても困るので、今、しっかり査定してください。」

 

↑↑↑

 

あとから返金など言われても困る!
今、ここで、完璧な査定をしてくれ!

 

このように念を押して、
トラブル回避の布石を打っておきましょう。