改造車は売るのが難しい場合があるようです

 

7年間乗り続けた赤色のデミオはとても気に入っていましたが、3人目のこどもが産まれたことによりファミリーカーへの乗り換えを検討しました。ノア、ボクシー、ステップワゴン、セレナで検討してディーラーを見て回りました。

 

1ヶ月以上見て回りましたが、ディーラーもなかなか値引きしてくれませんでした。ナビとスタッドレスなど必要なオプションを入れると400万超えてくるのでかなり予算オーバーでした。せめて375万円まで値引きできればと思い、友達の経営しているモータースへ相談にいきました。

 

友人だったこともありのちのちお金のことでトラブルになるのも嫌だったので正直に希望車種と予算を伝えました。友人によると車体の値引きは週末に行われる大型の展示会が一番値引きが期待できるとのことでした。オプションはモータースでできるだけ値引きしてくれるとのことでした。

 

言われた通り週末の展示会で目をギラギラさせた営業マンをつかまえて見事大幅値引きをゲットしました。意外と日産とホンダが強気でした。トヨタの方が車体本体の価格が高かったですが、値引きが大きかったのでトヨタのノアに決めました。またタイミング的にもちょうどフルモデルチェンジしたばかりだったことも決め手となりました。

 

ただ現在乗っているデミオを売るディーラーかモータースの高い方で売るつもりでいたのですが、ただ同然の5万円でした。いくら7年落ちとはいえアルミホイルに履き替えてローダウンしてあり、かなりキレイにのっていたのでかなり不満でした。

 

こちらもお金のことでトラブルになるのは嫌だったので正直にモータースの友人に相談したところ改造車ならガリバーの方が高く売れるかもしれないということでした。

 

そのまま近所のガリバーに直行したところ5万円だった下取りが30万円までアップしました。ガリバーの担当者によると改造車ならガリバーの方が高く売れる可能性があり、逆にディーラーではノーマル車の方が高く売れる可能性があるとのことでした。

 

結局のところ新車ならトヨタをおすすめします。車体価格があらかじめ高く設定されていますが、値引きが期待できるうえに、売るときも高く査定がつくとのことでした。

 

マツダとスバルは売るときの査定が低く、故障によるトラブルもおおいことから乗りつぶすしかないようです。私の場合は友人のおかげで賢くトラブルなく車を買い替えることができました。