【体験談】私の車って、相場価格はいくらなの?

 

車の無料一括査定に申し込んだら、

 

さっそく翌日、車の買取業者「6社」から
電話で連絡がありました。

 

 

そのときに教えてもらった各社の
見積もり金額は以下のとおりです。

 

見積もり金額 備考
A社

90万円

B社

90万円

C社

90万円

D社

95万円

最高値

E社

90万円

F社

90万円

 

 

最初に教えてもらった金額としては、

 

6社中5社が横並びの「90万円」で、
1社だけが「95万円」をつけていました。

 

 

この結果を見ると、車種によって相場価格というのが
だいたい決まってるってことが分かりますよね。

 

 

ちなみに・・・

 

 

この段階では、まだ私の車を買取業者は実際には
見ていないので、この査定額はいわゆる「参考値」と
いうことになります。

 

 

この後、実際にそれぞれの買取業者の「査定士」が
現車を査定して、正確な査定額を詰めていくことになります。

 

 

査定額が各社横並びの理由

 

車の買取業者が買い取った車は、
大きく分けて2種類の経路で転売されます。

 

  • 自社の中古車販売店
  • 中古車業界専用のオークション市場(←世界中で取引されます)

 

車の買取業者が買取った車はどのように転売されるか?

 

 

現在は、中古車業界専用のオークション市場で、買い取った車を「転売するときの相場価格」がだいたい決まってくるそうです。そのため、オークション市場の情報を共有している買取業者同士で、ほとんど横並びの買取査定額が提示されるんですね。

 

とりあえず、自分の車の「相場価格」が分かったら、いよいよ「出張査定」に来てもらうことになります。出張査定では、細かい状態を見ながら、最初に提示された「相場価格」に評価額の上乗せや、減額などの調整が入ります。

 

それでは、出張査定に来てもらったときのお話に入りましょう。


 

出張査定のタイムスケジュール

 

私の場合は、週末に6社の買取業者全てに
出張査定に来てもらいました。

 

参考までに、私のときの、出張査定の
タイムスケジュールを載せておきます。

 

時間帯 車の買取業者
9:00
10:00

A社

11:00

B社

12:00
13:00

C社

14:00

D社

15:00

E社

16:00

F社

17:00

 

 

出張査定では、査定士さんが車のいろんなところを、
チェックシートに記入しながら確認していきます。

 

その作業が、だいたい20分くらいかかります。

 

 

そのあと、査定士さんが電話で会社に
相談したりしながら、実際の査定額を
決めていきます。

 

 

その査定額に対して、あれこれ交渉したりして、
だいたい10〜20分くらいかかります。

 

 

なので・・・

 

「1社あたりトータル1時間」みておけば大丈夫です。

 

 

出張査定1社目

 

出張査定の日は、朝からカレシにも
来てもらいました。

 

女性ひとりだと、ナメられてしまうかも
しれないと思ったからです。

 

 

ドキドキの1社目でしたが、30代(?)の感じのいい
査定士さんが、出張査定に来てくれました。

 

 

査定の作業については、ボディー周りのチェックとか、
ボンネットの中のチェックとか、車内のチェックとか、

 

下回りなんかも見れる範囲で見てました。

 

 

私 「どんな感じですか?」

査定士 「そうですね、バンパーとかの小キズが多少気になりますけど、特に大きな問題はなさそうなので、だいたい最初にお知らせしてる程度で出せそうですよ。ちょっと待ってくださいね。(会社に電話をかけてしばらく相談)お待たせしました。弊社の査定額としましては「85万円」とさせていただきます。」

カレシ 「あの〜

 

ぶっちゃけ上限っていくらなの?

査定士 「いや〜、あの〜、他社さんの査定もあるでしょうし、こちらも多少は調整できるかもしれませんが・・・、上限っていうのもあれですが、現時点ではやはり「85万円」ということでお願いいたします・・・。」

 

 

出張査定2社目

 

2社目の査定士さんも、真面目そうな感じの人でした。

 

 

ちなみに・・・

 

 

出張査定に来る査定士さんって、ほとんどの方が
基本的に真面目そうな人が多いような気がしました。

 

営業マンだと思いますので、明るく爽やかにって
いうのを会社から言われてるんだと思います。

 

 

査定の作業については、やはり1社目の査定士さんと
同じように、チェックシートに記入しながらいろいろ
チェックしていました。

 

 

私 「どうですか?」

査定士 「そうですね。比較的キレイにされてますし、大きな減額ポイントはないですね。多少、小キズが減点ポイントにはなりますが、「85万円」でいかがでしょうか?」

カレシ 「さっき査定してもらったところも「85万円」だったんですけど・・・

 

もうちょっとあげてもらえません?!

査定士 「あ〜、そうなんですか。ちなみに、他にも査定頼んでますか?・・・ちょっと待ってくださいね。(会社に電話をかけて相談)お待たせしました。弊社としましては、すぐ決めていただけるのであれば、いっぱいいっぱいで「90万円」までお出しします。」

カレシ 「すぐっていつまで?」

査定士 「この場で決めていただければ・・・」

私 「他社の話も聞いてみないと決められないですね。」

 

 

出張査定3社目

 

午前中の2社で、最初の査定額「90万円」を
超えなかったので、作戦を変えることにしました。

 

先にこちらから、少し大きめの金額を提示して
みようってことになったんです。

 

 

カレシ 「午前中に査定してもらったとこは、「100万」出すって言ってたんですけど、どうです?」

査定士 「えっ?!「100万円」ですか・・・。う〜ん、うちは出せて「95万円」ですね・・・。ちょっと待ってくださいね。(会社に電話をかけて相談)お待たせしました。やっぱり、「95万円」が限界ですね・・・。すいません。」

 

 

 

3社目までの査定が終わった段階で、最高額が「95万円」にまで上がったんですが、この時点では「95万円」が限界かなって思ってました。

 

でも、とりあえず、まだ3社残ってるし、粘り強く交渉してみようって思ったんです。というのも、もしかすると、私の車をたまたまほしがってくれる買取業者があるかもしれないし、まだまだ上手に交渉できる余地があると思ったからです。