【車を高く売る方法】トヨタ・ヴィッツを売った体験談

【体験談】概算比較が高く売るコツ!車を売る前の下準備について

Sold Car Data

車種 ヴィッツ F
走行距離 5.7万km
年数 3年3ヶ月
売却価格 46.7万円

 

車を高く売るにはどうすればいいと思いますか?

 

 

長年乗った愛車を買い換えようというときに、まず検討すべきなのは買取業者への持ち込みですよね。

 

でも、ついつい億劫(おっくう)になって、近所の査定センターで見てもらってそのまま売却してしまったなんて話をよく聞きます。

 

あるいは、新車購入するディーラーに言い値で引き取ってもらったなんて話も多いですよね。

 

ですが、それは大変にもったいないなぁと思います。

 

近所の査定センターとか、新車のディーラーだと、具体的にどのようにもったいないんですか?

 

 

たとえば、古美術品の買取販売業者にも得手不得手なジャンルがありますよね?

 

それと同じで、車の買取業者にも買取金額の査定において得意不得意があるんです。

 

ですから、まずは複数の中古車買取業者を回って、現在の愛車の買取金額を概算で査定してもらうことが重要です。

 

つまり、愛車の価値を評価してくれる買取業者と、きちんと評価できない買取業者がいるってことですね?

 

 

そうです。

 

だから、最初は概算でいいので、「この業者はうちの車の価値がわかってるかな?」というのを見分ける必要があるんです。

 

車の査定は細かい金額を出してもらおうとすると時間がかかります。

 

でも、概算レベルでよければ、あまり手間をかけずに算出してもらうことが可能なんです。

 

概算の見積もりでは、正確な比較ができないんじゃないですか?

 

 

もちろん概算ですと最終的な金額とそれなりに差が出るかもしれないですが、ここでの目的は繰り返しになりますが、業者の得意不得意を見分けることです。

 

まずは目安となる金額を把握するために、概算を算出してもらって比較することが重要になるんです。

 

ということは、近所でいくつか業者を回って、複数の概算を出してもらう。そして、一番金額の高かったところに持ち込んで、詳細に金額を出してもらえばいいんですね?

 

 

おしいですが、ちょっと違います!

 

査定を「近所の業者」だけで終わらせてしまうと、どの業者もあまり変わらない金額しか出てこない可能性があるからです。

 

最初にも言いましたが、中古車買取業者というのは、車種によって得意不得意があります。

 

つまり、概算を見積もってもらう業者そのものも、きちんと事前に精査する必要があるというわけなんです。

 

では、その概算を見積もってもらう業者を精査するには、具体的にどうすればいいんでしょうか?

 

 

はい、いい質問です。

 

中古車の買い取りをしてるところは、ホームページで買取金額の一例を出しているケースがありますよね。

 

その金額を自分の所有している車種に絞って、比較検討してみるといいんです。

 

そうやって、比較的高く買い取ってくれそうな業者を探すのは、ひとつの重要なテクニックになります。

 

買取業者のホームページをひとつひとつ見比べていくってことですか?

 

 

ちょっとめんどうですが、有効なテクニックのひとつです。

 

あとは買取と販売をいっしょにやっている業者であれば、だいたい同じような感じの車がいくらで買い取られて、いくらで販売されているか、すぐにわかりますよね。

 

その差額から販売金額側でも買取額を想像することも可能です。

 

さらに言えば、最近では車の買取を複数の業者に対して一括査定依頼できるサイトが多数存在しています。

 

こういうサイトを利用して、出来るだけ多くの所に概算の見積依頼を出すことが重要ではないでしょうか。

 

なるほど。では最後に、これから車を売る人に向けて、何かアドバイスがあればお願いします。

 

 

数百円の差でしたらここまでする必要はないかもしれません。

 

でも、車は安い買い物ではありませんよね?

 

場合によっては、数百円どころか、10万円以上の差になって表れてくることだってあるんです。

 

10万円あれば新車のオプションが増やせる計算になります。

 

予算の関係で諦めていたオプションを選べるかもしれないチャンスなんです。

 

だからこそ、せっかく情報がたくさん簡単に確認できる世の中なんですし、上手く使って賢く売却したいものですね。

このページの先頭へ戻る