【車を高く売るヒント3】ボロボロになった車でも査定が付く

 

ディーラーや車買取店ではボロボロになった車は査定が付かないと言われることがあります。良くても無料で引き取って貰えるだけで現金にはならないことが多いです。

 

そんなボロボロになった車でも査定が付くことがあります。しかしどこを選んでも査定が付くわけでは無いので、査定を受ける先を選ぶことが必要です。

 

ボロボロになった車の査定を受ける場合に選びたいのが海外へ輸出するルートを持っている車買取業者です。海外へ輸出するルートを持っておらず、国内だけの車買取業者では国内では需要が無いので買取できないと言われることが多いです。

 

そんな時でも発展途上国では性能の良い日本車だと需要が高く、ボロボロになった状態でも買取できることがあるのです。発展途上国は日本と比べると物価が安いので、それ程高い査定は期待できませんが現金になるのです。

 

その代わりにあまりにも酷い状態では買取できないと言われることがあります。そんな状態の車は廃車するしかないですが、ご自身で廃車すると手続きの手間が掛かるうえに廃車費用までお支払しないといけないです。

 

そんな時は廃車買取業者で査定を受けると言う方法がまだ残されています。なぜ廃車でも買取できるのかその理由はリサイクル価値があるからです。使える自動車部品は取り出して整備し再販売されます。分類すれば再資源化できる素材は新しい製品に生まれ変わります。

 

車としての価値はもう無いのでそれ程高い査定が出るわけでは無いのですが、廃車費用をお支払しなくて済みますし現金も手元に残ります。廃車手続きも廃車買取業者で代行しているので手間も掛からないです。もし自力走行できないような状態でも現場から引き取りして貰えるので大丈夫です。

 

自動車税や重量税、自賠責保険がまだ残っていれば還付して貰えます。一部の廃車買取業者では還付してくれないことがあるので事前に確認しておいて下さい。説明を求めても曖昧なときはご利用しないほうが賢明です。

 

その他にも一部の悪質な廃車買取業者では不法投棄される恐れがあります。そういった業者は無許可であることが多いので、ホームページの会社概要をチェックし何の許可を得ているか確認しておいて下さい。