【車を高く売る方法】車売却の具体的な手順・流れは?

【車を高く売る方法】車売却の具体的な手順・流れは?

 

車を売るのが「初めて」というあなた!

 

具体的にどんな手順で車を売ればいいのか、きっと不安に思ってることでしょう。

 

ですが、心配しなくても大丈夫。

 

車を売る手順・流れをわかりやすく説明するので、ざっと目を通してみてください。

 

すると「意外と簡単かも!」って思うはずです。

 

 

車を売る流れ1 「売り方」を決める

 

車を売るなら、まず最初に「車をどうやって売るか」を考えましょう。

 

たとえば、新車に買い換えるなら、その販売店(ディーラー)に今の車を「下取り」してもらうやり方があります。

 

手続きをディーラーが全部やってくれるので、とってもお手軽です。

 

ただし、価格はあまり期待できません…

 

下取りだと相場より安くなることが多く、ここだけの話、損するリスクが高いです。

 

少しでも高く売りたいなら、ガリバーなどの「中古車買取業者」に売ることを検討してみるといいです。

 

ただし、相見積もりを必ずとること!

 

比較して高い方に売る作戦なら、損するリスクはほとんどありません。

 

他にも、友人・知人に「個人売買」したり、「オークション・フリーマケット」に出品するといった売り方もあります。

 

手続きが多少面倒ですが、価格交渉しだいでは高く売れる可能性があります。

 

手間を重視するか、価格を重視するか、バランスを考えて売り方を選ぶといいでしょう。

 

車を売る流れ2 「売買相手」を探す

 

売り方を決めたなら、次は具体的な「売買相手」を探しましょう。

 

つまり、具体的に「どの中古車買取業者に売るか?」とか、友人・知人の「だれに売るか?」といったことを決めるわけです。

 

このとき、「下取り」や「友人・知人」に売るなら、特に悩まないかもしれませんが…

 

「中古車買取業者」や、「オークション・フリマ」などを利用するなら、少し情報収集しておいたほうがいいと思います。

 

比較しやすいように「一覧表」を用意したので、業者選びの際にこちらを参考にしてみてください。

 

「中古車買取業者」のメリット・デメリット

 

ちなみに、中古車買取業者に売る場合には、あなたのお住いの地域に営業所があるかどうかを確認する必要があります。

 

たとえば「ガリバーに見積もりをお願いしよう!」と思っても、近所にガリバーの営業所がなかったら査定してもらえないからです。

 

Googleマップなどで近所の中古車買取業者を探すか、あるいは「一括査定」を利用するのが一番手っ取り早いです。

 

一括査定サイトおすすめ5選

 

車を売る流れ3 「査定」を受ける

 

中古車買取業者に見積もりをお願いすると、そこの「査定士」があなたの愛車をチェックしに来ます。

 

車は1台1台コンディションがまるっきり違うことが多く…

 

たとえば、ボディーが傷だらけの車もあれば、新車のような輝きをキープしている車もあります。

 

あるいは、タバコ・ペット臭のキツイ車もあれば、室内環境がとても快適な車もあります。

 

同じ年式の同じ車種でもコンディションがまるっきり違うので、見積もり価格もまるっきり違ってくるというわけです。

 

ちなみに、査定士がチェックするポイントはだいたい決まっていて、私たちが事前に対策できる部分もいろいろあります。

 

具体的なチェックポイントは別のページにまとめているので、査定を受ける前に読んでおいてください。

 

ちなみに、「査定士」というのは、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が認定する資格です。

 

車を売る流れ4 「売るかどうか」を決める

 

愛車の査定を受けて、見積もり金額が確定したら、その金額で売るかどうか判断しましょう。

 

見積もり価格に納得なら契約すればいいですし、納得できなければ売らないという判断もありです。

 

いわゆる「押し買い」は特定商取引法で禁止されています。

 

見積もりを出してもらったからといって、絶対に売らなきゃいけないってことはないので安心してください。

 

ちなみに、あなたにとって、売るか売らないかの「判断基準」は何でしょう?

 

いろいろあると思いますが、たとえば…

 

  • 相場価格より高い金額を出してもらった
  • ライバル他社より高く誠意が感じられた
  • 即日・即金に対応してもらえた
  • 代車を無料で貸してもらえた
  • 手続きをいろいろ代行してもらえた

 

金銭的なもの、時間的なもの、めんどくささに関するものなど、あなたにとって「これなら納得!」というメリットがあるなら契約しましょう。

 

逆に、あなたにとってメリットがないなら、無理に売る必要もないと思います。

 

車を売る流れ5 「必要書類」をそろえる

 

車を売る決断をしたなら、あとは淡々と手続きを進めていきましょう。

 

まず最初にあなたがやることは、契約に必要な書類をそろえることです。

 

車を売るときに必要な書類には、次のようなものがあります。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券

 

おそらく「車検証」「自賠責保険証」「リサイクル券」の3つは、車のダッシュボードの中にあるはずです。

 

駐車場に行って、ちゃんとあるか確認してきてください。

 

「印鑑証明書」はお住いの地域の役所で発行してもらいましょう。

 

他には、たとえばローンが残ってる場合とか、車検証の住所変更をしていない場合とか、ケースごとに追加で書類を求められることがあります。

 

中古車買取業者が「これとこれを用意してください!」と教えてくれるので、そのとおりに用意してください。

 

ちなみに、必要書類をそろえるのは「売ることを決めたあと」で大丈夫です。

 

まず査定を受けて、金額に納得したあとに準備してください。

 

車を売る流れ6 「契約」する

 

必要書類が全部そろったら、契約書にサインして、印鑑を押して手続完了です。

 

中古車買取業者に売る場合には、必要な手続きは全部やってくれるのでおまかせで大丈夫です。

 

一方で、「個人売買」や「オークション」で売る場合には、自分たちで手続きする必要があります。

 

手順を簡単にまとめておきます。

 

  1. まず、お金を支払ってもらう
  2. 売り手から買い手へ必要書類を渡す
  3. 買い手が陸運局で名義変更手続き
  4. 売り手が自動車保険解約

 

売り手から買い手に渡す必要書類には次のようなものがあります。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明書
  • 自動車税納税証明書(※現在は不要)

 

委任状や譲渡証明書は、国土交通省のホームページからダウンロードできます。

 

名義変更手続きは、買い手に、その人の住んでいる地域の陸運局で行ってもらってください。

 

名義変更手続きが終わるまでの、自動車保険をどうするかも、事前に話し合っておくとスムーズでしょう。

 

車を売る流れ7 「車両の引き渡し」をする

 

車を「下取り」に出す場合には、新しく購入した車が納車されるタイミングで、入れ替えという形で引き渡すのが一般的です。

 

「中古車買取業者」に売る場合には、契約が終わった時点(サインして印鑑を押した時点)で車を引き渡しましょう。

 

もしも一定期間、「代車」が必要な場合には、代車を貸してくれる中古車買取業者もあるので相談してみてください。

 

ちなみに、「契約前」に車を渡すのは絶対にやめてください!

 

車を渡したら、そのまま相手と連絡が取れなくなったといった話もたまに聞きます。

 

知名度の高い中古車買取業者なら大丈夫だと思いますが、聞いたことのないような業者と取引するなら注意が必要です。

 

個人売買の場合には、相手に取りに来てもらうか、こちらが運転して行くかしないといけません。

 

遠方の場合には交通費やガソリン代など発生するので、事前にしっかり打ち合わせしておくべきでしょう。

 

車を売る流れ8 「入金確認」をする

 

車を売る一連の流れの中で、もっとも重要といっていいのが「入金確認」です。

 

車を売ると数十万円とか、数百万円といった大金が動きます。

 

もしも振り込まれないなんてことになったら大変です。

 

銀行に通帳記入しに行くなどして、必ず入金されたかどうか確認してください。

 

ちなみに、入金のタイミングは、「中古車買取業者」に売る場合は車を引き渡してから1週間ほどかかると思っていいでしょう。

 

最短「翌日」とかに対応してる中古車買取業者もありますが、通常は3~7日くらいかかるケースが多いです。

 

いずれにしても、契約する際に「入金予定日はいつですか?」と必ず聞いて、予定日に入金されたかどうか確認してください。

 

「個人売買」の場合には、車を引き渡す前に、先に入金してもらったほうが安全です。

 

もちろん、お互いの信頼関係によって変わってくるとは思いますが、損するリスクをなるべく避けるようにすべきでしょう。


【まとめ】車を売る具体的な手順・流れ

 

このページでは、車を売る具体的な手順・流れについて説明してきました。簡単にまとめておきます。

 

  1. 「売り方」を決める
  2. 「売買相手」を探す
  3. 「査定」を受ける
  4. 「売るかどうか」を決める
  5. 「必要書類」をそろえる
  6. 「契約」する
  7. 「車両の引き渡し」をする
  8. 「入金確認」をする

 

下取りに出すのか、中古車買取業者に売るのか、あるいは個人売買するのかによって、手順や手続きが変わってきます。

 

ディーラーや中古車買取業者が相手の場合はあまり心配いりませんが、個人売買等で売る場合には、抜け・漏れがないように気をつけてください。

 
このページの先頭へ戻る