【車を高く売る方法】「中古車買取業者」のメリット・デメリット

【車を高く売る方法】「中古車買取業者」のメリット・デメリット

 

車を売るなら、お近くの「中古車買取業者」を利用するのが便利です。

 

全国の主要街道沿いでよく見かける「ガリバー」などが有名ですよね。

 

ですが、実際に店舗に車を持っていくのは、ちょっと勇気がいるかもしれません。

 

ここで売って損しないかな?! …って不安になってしまいますよね。

 

そこでこのページでは、中古車買取業者とはどういったものなのか、それを利用するメリット・デメリットは何か、といった話をしてみたいと思います。

 

 

「中古車買取業者」の実態は?

 

ガリバーなどのいわゆる「中古車買取業者」は、お客の車を買い取って、他に転売するお仕事をしています。

 

  1. お客の車を買い取る
  2. その車を他に転売する

 

具体的にどうやって転売するのかというと、大きく分けて2種類のやり方があります。

 

ひとつは「店舗で直接、一般のお客様に販売」するやり方。

 

そしてもうひとつは「業者専用のオークション」で売りさばくやり方です。

 

  • 店舗で直接、お客様に販売
  • 業者専用オークションで転売

 

これら両方を手掛けている中古車買取業者もありますが、どちらかに重点を置いて運営してるところも多いです。

 

たとえばガリバーさんは、どちらかといえばオークションが中心で、一般に「オークション系」などと呼ばれたりします。

 

一方で、たとえばカーセブンさんなどは、自社の店舗で中古車を展示販売していて、一般に「直販系」などと呼ばれたりします。

 

では、私たちが車を売るとき、オークション系と直販系のどちらを選ぶべきでしょうか?

 

「オークション系」の中古車買取業者とは?

 

まず「オークション系」の中古車買取業者について説明しましょう。

 

業者専用のオークションというのは、具体的に言うとUSSなどのオートオークションのことです。

 

オートオークションは全国各地に会場があって、たとえば次のようなのが有名です。

 

 

これら以外にも、トヨタ、日産、ホンダなどもオートオークションを行っていて、全国各地でものすごい数の中古車が売買されています。

 

一般に、中古車の「相場価格」なんていわれる価格は、これらオートオークションで実際に売買されている価格帯と思っていいです。

 

ガリバーなどは、オートオークションでの売買価格より安く仕入れて、その差額で利益を出しているというわけです。

 

仕入れた車をすぐにオートオークションに出してしまうので、在庫管理などの「経費が少なくてすむ」というメリットがあります。

 

「直販系」の中古車買取業者とは?

 

次に「直販系」の中古車買取業者について説明しましょう。

 

直販系の中古車買取業者は、昔ながらの中古車販売店のスタイルです。

 

つまり、店舗で買い取った中古車を、同じ店舗、あるいは系列の他店舗で、お客様に直接販売するやり方になります。

 

一般論で言うと、直販系の場合は「その1社」だけで仕入れ・販売が完結するので、「中間マージンが発生しない」というメリットがあります。

 

ただし、中古車を展示するための広い敷地が必要だったり、さまざまな経費が発生したりするのは、デメリットといえるでしょう。

 

買い取った車が売れ残ることもあるので、そういったケースでは、オートオークションで売りさばいたりもするようです。

 

といったようなメリット・デメリットがあるので、「オークション系」と「直販系」はどちらがいいともいえません。

 

両方に見積もりを出してもらって、高い方に売るのが、私たちユーザーが損しないための基本戦略になると思います。

 

中古車買取業者に売るメリットは?

 

中古車買取業者を利用するメリットは、なんといっても「業者の数がめちゃくちゃ多い」ことです。

 

たとえば、ガリバーに見積もりを出してもらったとして、提示された買取価格に納得いかなかったとしましょう。

 

あなた「もっと高く売れるんじゃないかなぁ?」

 

そんなときは、無理に売る必要はないです。

 

カーセブンやアップルなど、他のいろんな中古車買取業者からも、見積もりを出してもらいましょう。

 

  1. どこか1社に見積もりを出してもらう
  2. その価格で売る? → NO
  3. 別の業者にも見積もりを出してもらう
  4. 納得いくまで見積もり比較
  5. 一番高いところに売る

 

中古車買取業者は全国に5千社以上もあるといわれているので、見積もりはいくらでも集められます。

 

つまり、私たちユーザーにとって、「中古車買取業者」=「損しにくい取引相手」と言えるわけです。

 

オークション系にしても、直販系にしても、車を売るなら中古車買取業者を利用するのが無難な選択です。

 

中古車買取業者に売るデメリットは?

 

中古車買取業者に売ることのデメリットとしては、「下取り」に比べると手間がかかるところでしょうか。

 

下取りというのは、新しい車を買うときに「値引き」してもらえる仕組みのことですが、とにかく手軽なのがメリットです。

 

金額はどうでもいいから、「手っ取り早く処分したい」といったニーズにぴったりなやり方になります。

 

一方で、中古車買取業者に「高く売りたい」と思うと、それなりに手間がかかります。

 

というのも、どうしても複数の中古車買取業者とやり取りする必要が出てくるからです。

 

  • 見積もりを集めないといけない
  • 価格交渉しないといけない

 

こういった手間がイヤな場合には、(新しい車を購入するのが前提ですが)下取りを検討してみてください。

 

とはいえ、手間がかかるといっても、たいした手間ではありません。

 

最近は一括査定などの便利なサービスもあるので、いろんな中古車買取業者を比較して一番高いところに売ることをおすすめします。

 

おすすめの中古車買取業者は?

 

さきほども少し触れましたが、中古車買取業者は全国に5千社以上もあるといわれます。

 

許認可制ではないため、正確な統計データがないのですが、個人経営の小さいところも含めると数え切れないほどあるわけです。

 

なので、全部を紹介することは不可能ですが、知名度の高い大手の中古車買取業者を10社ほど紹介しておきます。

 

もしもお近くに営業所があるなら、見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

 

 

ちなみに、中古車買取業者をひとつひとつチェックするのが面倒な場合は、一括査定サイトを利用するのが便利です。

 

一括査定のサービスについて、くわしくはこちらのページをご覧ください。


【まとめ】中古車買取業者について

 

車を売るなら、中古車買取業者に売ることを検討してみてください。

 

ただなんとなく下取りに出すよりも、かなり高く売れる可能性が高いからです。

 

中古車買取業者について、最後に簡単にまとめておきます。

 

  • オークション系と直販系の2種類ある
  • どちらがいいとは一概に言えない
  • 相場価格はオートオークションでの取引価格
  • 中古車買取業者は全国に5千社以上
  • 複数の見積もりを比較すれば高く売れる
  • 一括査定のサービスなら手っ取り早い

 

金額はどうでもいいよって場合には、下取りに出すのもいいと思います。

 

ですが、少しでも高く売りたいという場合には、ひと手間かけて中古車買取業者の見積もり比較を試してみてください。

 
このページの先頭へ戻る