【車を高く売る方法】「ディーラー下取り」のメリット・デメリット

【車を高く売る方法】「ディーラー下取り」のメリット・デメリット

車,売る,見積もり,バラツキ

 

車を「売る」=「下取り」ではありません。ここを勘違いしている人が意外と多いようです。

 

車を「売る」ことと「下取り」してもらうことの区別がついてないままでは、損してしまうリスクがあり、たいへん危険です。

 

そこで、このページでは、下取りとは何なのか、そして下取りのメリット・デメリットなどについて解説していきます。

 

 

車の「下取り(したどり)」とは?

 

車を「売る」ことと、車を「下取り」してもらうことは全然別のことです。

 

車を「売る」というのは、誰かに車を買い取ってもらうこと。

 

誰かというのは、たとえば中古車買取店だったり、あなたの友人・知人だったり、さまざまなケースがあります。

 

一方、車を「下取り」してもらうとは、「車の購入代金を割り引き」してもらうこと。

 

今乗ってる車を「ネタ」にして、いくらか割り引きしてもらえるというのが下取りの仕組みです。

 

下取りの取引相手は、トヨタや日産などの新車販売店(ディーラー)や、中古車販売店など。

 

その店で車を購入する代わりに、今乗ってる車を引き取ってもらえるわけです。

 

ただし、下取りには問題もあります。

 

それは、新しい車を「お得に購入できる(?)」ということで、深く考えずに、下取りに出す人がとても多いということ。

 

下取りのメリット・デメリットをよく理解したうえで、下取りに出すかどうかを冷静に判断すべきでしょう。

 

車を下取りに出すメリットは?

 

車を下取りに出す一番のメリットは、なんといっても「手軽さ」でしょう。

 

新しい車を買う「ついで」に手続きが終わってしまうので、ほとんど手間がかからないからです。

 

あなたがやることは、営業マンの「今の車、下取りしましょうか?」という質問に「はい」と返事するだけ。

 

すると、「それなら○○万円、お値引きしましょう」といった形で、話がどんどんまとまっていきます。

 

書類の準備も簡単です。

 

下取りに出すときの書類は、ダッシュボードにすでに入っているもの(車検証やリサイクル券など)と、あとは印鑑証明書くらい。

 

ちなみに、印鑑証明書は「新しい車を買う手続き」でも使うものなので、下取りのためにわざわざ用意するものは基本的にありません。

 

しかも、細かい手続きはぜんぶディーラーにお任せで大丈夫です。

 

あとは、新しい車が納品される際に、ディーラーで乗り捨てて返ってくればすべて終了。

 

この手軽さは、下取りのメリットといえます。

 

車を下取りに出すデメリットは?

車,売る,下取り

 

車を下取りに出すデメリットは、損してしまうリスクがあることです。

 

なぜ損してしまうのか、くわしく説明しましょう。

 

まず、車を購入しようとトヨタや日産などのディーラーに行った場面を想像してみてください。

 

価格交渉などしてる席で、営業マンが「今の車どうします? よかったら下取りしましょうか?」と言ってきたとします。

 

そこで、あなたは「そうですね。お願いします」と答えたとしましょう。

 

すると営業マンが「本来は値段つかないんですけど、せっかくなので10万円お値引きさせていただきますね」などと笑顔で言ってきました。

 

このとき、あなたならどう返事しますか?

 

おそらく十中八九、「わかりました。それでお願いします」と返事するはずです。

 

というのも、営業マンが言った「本来は値段つかないんですけど」という言葉に対して、反論するデータをあなたは持ってないからです。

 

データがないから、言われた値段でうなずくしかないわけです。

 

しかも・・・

 

下取りで損しやすいメカニズムとは?

 

新しい車を買いに行ったとき、あなたの頭の中は「新しい車を買うワクワク感」でいっぱいです。

 

すると、そのワクワク感のせいで、ごちゃごちゃした細かい話はどうでもいい心理状態になってしまいます。

 

下取り価格がいくらであろうと気にならず、「割引しときますね!」の言葉にだけ反応して、素直にうなずいてしまうのは、そのためです。

 

さらに、下取りには「お金の実際のやり取りがない」という特徴もあります。

 

下取りとは割り引きのことなので、下取りしてもらったからといって、お金が手元に入ってくるわけではないということです。

 

もしお金が手元に入ってくるなら、「いくらになるのか?」がすごく気になるものだと思います。

 

ですが、お金が手元に入ってこないため、金銭的な現実感がないまま、なんとなく「どんぶり勘定」になってしまうわけなんです。

 

といったメカニズムがあるため、下取りに出す場合、気をつけてないと損してしまうリスクが高いです。


【まとめ】車の「下取り」について

 

車を下取りに出す人も多いですが、何も考えずに、言われるがまま下取りに出すのはやめたほうがいいです。

 

本来ならもっと高く売れるかもしれないのに、下取りに出してしまうと損してしまう可能性があるからです。

 

ちなみに、下取りのメリット・デメリットは次のようになります。

 

  • 下取りは「手軽」なのがメリット
  • 下取りは「損しやすい」のがデメリット

 

手軽さというメリットに魅力を感じる場合には、下取りを利用するといいでしょう。

 

一方で、少しでも高く売りたいということであれば、下取り以外の方法で車を処分することを検討すべきだと思います。

 

メリット・デメリットを理解したうえで、どうするのが自分にとって最適か判断するようにしてください。

 
このページの先頭へ戻る