【車を高く売る方法2-4】車の査定前に洗車は常識?

 

車の出張査定を利用するなら、出張査定の前日や、当日の朝イチで、洗車をしておくことをおすすめします。なぜなら、きちんと洗車してある車を見ると、車を大切にしているオーナーであることをアピールすることができるので・・・

 

 

査定額を減額されるリスクを減らす

 

 

ことにつながるからです。

 

・出張査定の前日、あるいは当日の朝イチで洗車

・車に汚れがついてないと、大切にしているオーナーであることをアピールできる

・過去においても、車を大切に扱っていたという印象を持つ

・目立たない小キズなどをあら捜ししようという気にならない

・査定額を減額されるリスクが減る

 

例えば、あなたが家電量販店に何か電化製品を買いに行ったとして・・・

 

「お店が汚かったらどうしますか?」
「商品に汚れが付いていたらどうしますか?」

 

そういうお店では買わないですよね?!

 

それと同じことで、あなたの車を高く買ってもらいたいわけですから、最低限の準備と思って、洗車くらいはしておきましょうね。

 

 

車をキレイに見せるワンランク上のテクニック

 

 

タイヤ

ゴムのツヤを出すスプレーをカー用品店で買ってきましょう。それをシューッと吹き付けると、泡の力で汚れが取れて、タイヤがピカピカになります。人間でも「オシャレは靴から!」などと言いますが、車もタイヤがピカピカだと、印象がぜんぜん変わってきます。

ボディーの溝

車のボディーにはたくさんの溝があって、その溝に汚れがいっぱいたまっています。綿棒などを使って、溝に入り込んだ汚れをかき出しておきましょう。

エンブレム

車には、メーカー名とか、社名とか、スペックとか、いろんな「エンブレム」が付いています。エンブレムはその車の目立つところに付いていますし、その車の象徴みたいなものです。しかし、エンブレムは複雑な形をしているので、すごく汚れがつきやすいんです。できれば、使い古しの歯ブラシで、キレイにしておきましょう。

ボンネットの中

ボンネットの中のエンジンルームを、キレイにするスプレー缶がありますので、カー用品店で買ってきましょう。それをシューッとエンジンルーム全体に吹き付けると、いろんな油汚れなどがかなりキレイになります。あとは、ホースで水をかけて洗浄成分を洗い流せば、エンジンルームが見違えるほどキレイになります。