【車を高く売る方法】査定を受ける前に洗車・清掃すべき?

【車を高く売る方法】査定を受ける前に洗車・清掃すべき?

車,売る,洗車

 

ネットで検索すると、「査定前に洗車すべき」という意見と、「洗車しても意味ない」という両方の意見が出てきます。

 

また、実際に車を売った人に聞いても、「査定前に洗車した」という人と、「洗車しなかった」という人がいらっしゃいます。

 

実際のところ、査定を受ける前に洗車したほうがいいのか、どうなんでしょうか?

 

そこで、車を売るときの「洗車」や「車内清掃」についての考え方を、わかりやすく整理してみたいと思います。

 

 

洗車したら絶対に高く売れるの?

 

車の査定というのは、査定士がその場の気分でやってるわけではありません。

 

ちゃんと「中古自動車査定基準及び細則」(JAAI)というのがあって、ルールにしたがって査定してるわけです。

 

その基準の詳細は省略しますが、大ざっぱにいえば次のような項目が評価対象になっています。

 

  • 走行距離・年式
  • キズ・ヘコミ
  • 車内環境
  • 安全性能
  • 走行性能
  • 装備品
  • 修復歴の有無

 

これを見てどうでしょう?

 

査定の評価項目に「査定前に洗車・清掃したかどうか?」は含まれてないですよね。

 

つまり、査定前に洗車・清掃したからといって、車が高く売れることは「仕組み的にはありえない」ということになります。

 

  • ボディが汚れててもOK
  • 車内が散らかっててもOK

 

JAAIの基準によれば、洗車・清掃は、買取価格に(原則として)影響しないということなんです。

 

であるなら、わざわざ洗車・清掃するのもめんどくさいです。

 

何もせずに査定を受けたほうがいいような気もします。

 

しかし・・・

 

なら、査定前に洗車するのは何のため?

 

出張査定にやってくる営業マン(査定士)は「人間」です。

 

そして、人間というのは、「第一印象」に大きく影響される生き物です。

 

 

人は見かけじゃないなんて頭ではわかっていても、第一印象が、その後の人間関係にずっと影響するものなんです。

 

そして、車を売る場面でも、第一印象はすごく大切です。

 

高く売りたいにもかかわらず、第一印象が悪くていいわけがありません。

 

考えてもみてください。

 

もしも、洗車も車内清掃もせず、汚れたみすぼらしい状態のままだとどうでしょう?

 

車,査定前,汚れ

 

あなたの愛車を見た瞬間、「この車、大丈夫かよ?」と思わないでしょうか。

 

車が汚れてると、ちゃんとメンテナンスされてない印象を与えます。

 

すると査定士は、重大な問題が隠れてるんじゃないかと不安になり、あなたの愛車を「疑いの目」で見るようになります。

 

あれこれ「アラ探し」するようになり、どんどん減点されてしまいます。

 

つまり、高く売れなくなってしまうわけです。

 

洗車は査定額にどのくらい影響するの?

 

査定前に洗車・清掃したかどうかは、査定の評価基準ではありません。

 

そのため、洗車・清掃が、査定額にどのくらい影響するかを具体的な数字で示すことはできません。

 

ですが、次のように考えてみるとどうでしょう?

 

洗車・清掃は、価格交渉の最後のひと押しに影響する

 

たとえば、中古車買取店のガリバーが、100万円の見積もりを出してくれたとしましょう。

 

そこで、競合のカーセブンに、「ガリバーは100万円です」と言えば、「じゃあうちは110万円にしましょう」となるかもしれません。

 

そこで、再度ガリバーに「カーセブンが110万円でした」と言えば、「特別に120万円出します」と言ってくれるかもしれません。

 

洗車・清掃をしっかりやっていれば、査定士も安心して、「この車なら欲しい」と思ってくれるものです。

 

その結果として、価格交渉の最後のひと押しで、数万円ほど高く買ってもらえるというのは、十分にありえることではないでしょうか。

 

査定前の洗車はどの程度やればいいの?

 

洗車・清掃すれば高く売れる可能性はあるものの、あくまで価格交渉で不利にならないようにするためのものです。

 

「パーフェクト過ぎる洗車・清掃」が、絶対に必要というわけでもありません。

 

ようするに、「査定士に与える第一印象が悪くならなければいいだけ」なので、常識的な範囲できれいにすれば大丈夫です。

 

「洗車」については、たとえばガソリンスタンドの自動洗車機で、一番安い「水洗い」のコースでかまいません。

 

それで落ちきれない汚れは、ブラシやスポンジでゴシゴシやればいいでしょう。

 

汚れがひどい場合には、洗剤を使うコースを選んでもいいですが、通常は、そこまでの必要はありません。

 

「車内清掃」については、ゴミ類を全部拾って、ウェットシート等で全体的に拭くといいでしょう。

 

ハンディ掃除機をお持ちなら、シートや床も掃除しやすいです。

 

ニオイが気になる場合には、市販の消臭スプレーをしっかりかけて対策しておきましょう。

 

洗車と車内清掃はどっちが大事なの?

 

車を少しでも高く売るには、出張査定前に「洗車」と「車内清掃」の両方やっておくべきです。

 

しかし、忙しい人だと、両方やる時間がないかもしれません。

 

その場合、「洗車」と「車内清掃」のどちらを優先すべきでしょうか?

 

結論から言いましょう!

 

どうしても時間がないなら、「より汚れが目立つ方を優先」してください。

 

たとえば、車内は片付いてるけど、ボディが泥だらけなら、洗車を優先すべきです。

 

今すぐガソリンスタンドの自動洗車機で水洗いしてください。

 

一方で、ボディはそんなに汚れてないけど、車内がゴミだらけ・食べかすだらけ・ニオイもあるなら、車内清掃を優先すべきです。

 

ゴミを全部拾って、掃除機をかけて、消臭スプレーでニオイ対策もしましょう。

 

一般論として、ボディの汚れは簡単にキレイになりますが、車内の汚れはなかなかキレイになりません。

 

車内の汚れは、車の商品価値を下げてしまうので、日頃から汚さないようにしたいものです。

 

具体的にどこをキレイにすればいいの?

 

出張査定前に洗車・清掃するなら、査定士が見る部分はひととおりキレイにしておくといいでしょう。

 

たとえば、次のような部分をキレイにしておくと、第一印象がよくなって、高く売れるかもしれません。

 

  • ボディ
  • ホイール
  • タイヤ
  • ダッシュボード
  • エンジンルーム
  • トランク
  • 運転席まわり
  • 助手席まわり
  • 後部座席まわり
  • ガラス
  • ヘッドライト

 

ホイール&タイヤがピカピカだと、全体の印象がグッと引き締まります。

 

ホイールはブレーキダストクリーナーで、タイヤはツヤ出しフォームでキレイにしておきましょう。

 

ダッシュボードも、ツヤ出しスプレーでピカピカにすると、車内の雰囲気がゴージャスになります。

 

 

エンジンルームも、査定で必ず見られるので、キレイにしておくといいです。

 

エンジンルームクリーナーを吹きつけて水で流せば、びっくりするほどキレイになります。

 

車の「目」ともいえるヘッドライトは、専用クリーナーで黄ばみを落としておくとカッコよくなっておすすめです。

 

査定前の洗車・清掃の注意点は?

 

車を高く売る戦略のひとつとして、出張査定前の洗車・清掃はおすすめです。

 

ただし、洗車・清掃したからといって、必ず高く売れるということでもありません。

 

あくまで補助的なものなので、時間と手間を最小限にしたほうがいいでしょう。

 

注意点をまとめると次のようになります。

 

  • 目立つところからキレイにする
  • 細かいところはあえて無視する
  • 完璧を求めない
  • 時間をかけすぎない
  • 手間をかけすぎない
  • お金をかけすぎない

 

たとえば、「1時間だけやろう!」と時間を決めてしまって、その時間内でできることをやるといいです。

 

優先順位をつけて、目立つ汚れからキレイにしていくと効率的です。

 

そうやって、最小限やるべきことをやったら、あとはコミュニケーションでなんとかしましょう。

 

多少汚れが残っていても、親近感が伝わるようなコミュニケーションができれば、さほど問題視されないはずです。

 

その場の雰囲気づくりを大切にして、上手に査定を乗り切ってください。


【まとめ】車を売るのに洗車・清掃は必要か?

 

車を高く売るためには、査定前に「洗車・清掃」しておいたほうが無難です。

 

なぜなら、洗車・清掃しておくと、査定士に与える第一印象がよくなるため、余計なアラ探しをされずにすむからです。

 

つまり、足し算の戦略ではなくて、「引き算されないようにする」という戦略と考えるといいでしょう。

 

要点をまとめると次のようになります。

 

  • 査定基準に「洗車・清掃」の項目はない
  • 第一印象は買取価格に影響する
  • 洗車・清掃は価格交渉するための前提
  • パーフェクト過ぎる洗車・清掃は不要
  • 汚れが目立つところを優先する
  • 査定士が見る部分をキレイにする
  • 最後はコミュニケーションが大事

 

実際のところ、洗車・清掃するかどうかはケース・バイ・ケースです。

 

いずれにしても、査定士とあなたの、人間同士のコミュニケーションが最終的にはカギになってくると思います。

 
このページの先頭へ戻る