【車を高く売る方法】修復歴はバレる?事故車売却のポイント

【車を高く売る方法】修復歴はバレる?事故車売却のポイント

車,売る,修復歴

 

よくいただく質問に、「事故車はバレるのか?」というのがあります。

 

少しでも高く売りたいので、事故車であることを隠して売りたいというわけです。

 

気持ちはよくわかるのですが、実際にはどうでしょう?

 

このページでは、事故車はバレるのか… といったことから、事故車を売るときの注意点などまとめてお話していきます。

 

 

売るときに「事故車」だとバレる?

 

結論から言うと、事故車かどうかは、ほぼ間違いなく「バレる」と思っていいです。

 

もちろん、バレないケースも1,000件に1件くらいはあるかもしれません。

 

ですが、よほど偶然が重ならないかぎり、見逃されることはまずないです。

 

査定士の一番の仕事は、事故車かどうかを見抜くこと。

 

すべての車を、「事故車かもしれない」という前提で、疑いの目で査定します。

 

事故車を見抜くノウハウがいろいろありますし、経験的に直感でピンとくる場合も少なくありません。

 

だから、事故車であることを隠して売るのはほぼ無理です。

 

自分から話すかどうかは別として、「修復歴はありますか?」と聞かれたら、正直に答えるべきでしょう。

 

ちなみに、現場に来た査定士が見抜けなくても、車両を引き渡したあとに二重三重にチェックされます。

 

どこかのタイミングで必ずバレるわけです。

 

あとでバレると、返金請求など面倒なことになるので、最初から正直に話すべきでしょう。

 

そもそも事故車(=修復歴車)とは?

 

中古車業界で「事故車」と呼ばれるのは、正確には「修復歴車」のことです。

 

修復歴車とは、車の骨格部分(フレーム、モノコック構造)に損傷を受けたことのある車をいいます。

 

車,モノコック構造

 

  • ルーフパネル
  • インサイドバネル
  • フロア
  • トランクフロア
  • ピラー
  • サイドメンバー
  • クロスメンバー

 

モノコック構造は、これらの部材をガッチリ溶接して、構造全体で外部からの衝撃に耐えるように設計されています。

 

ですが、どこか一箇所でも不具合があると、そこが弱点になって、もしものときに期待通りの強度が発揮できません。

 

車,フレーム,骨格

 

つまり、車内の人間の「安全性」と、車の「走行性能」の両方に悪影響が出てしまうということです。

 

そのため、事故車(修復歴車)は中古車市場での価値が、どうしても下がってします。

 

当然、高く売るのは難しいです。

 

ちなみに、バンパーなどの交換可能な部品が損傷しただけでは、修復歴車にはならないので安心してください。

 

あくまで、骨組み部分の損傷が問題になります。

 

事故車を売るときの告知義務とは?

 

私たちが中古車買取店に車を売るとき、相手が業者なので、なんとなく「自分がお客様」という感覚があるかもしれません。

 

ですが、冷静に考えてみると、商品(車)を売るのは私たちユーザーのほうで、商品(車)を買うのは中古車買取店です。

 

つまり、お客様は(自分ではなく)中古車買取店のほうなんです。

 

と考えると、当然、自分が売る商品の品質について責任が伴います。

 

具体的には、民法の「契約不適合責任」が無視できなくなるということです。

 

契約不適合責任というのは、簡単に言えば「商品に欠陥がある場合は責任を問われる」というもの。

 

つまり、「約束と違うじゃないか!」となったら、法的な責任を問われかねないということです。

 

そうなると大変ですよね?

 

なので、もしも事故車であることを自覚してるなら、隠さずに伝えたほうがいいです。

 

車を売るなら、いわゆる「告知義務がある」という前提で、誠実な態度で価格交渉したほうが無難です。

 

査定士は事故車かどうかなぜわかるの?

 

中古車買取店に「事故車」であることを隠して売ろうとしても、通常はあっさりバレてしまいます。

 

なぜ事故車であることがわかるのかというと、事故車には、隠しても隠しきれない「サイン」が出ているものだからです。

 

具体的には、次のような部分をひとつひとつ見ていくと、「んっ?」っと違和感を感じる箇所があったりします。

 

  • ボルト
  • スポット溶接
  • シーラー
  • 各種接合部
  • へこみ
  • キズ
  • 歪み(ゆがみ)
  • ズレ

 

それらをヒントに、さらに周辺を細かくチェックしていくわけです。

 

すると、芋づる式にあれこれ出てきて、「やっぱり事故車だ!」とわかります。

 

ベテランになると、どんな事故だったかまでおおよそ見当がつくほどです。

 

どんなに腕のいい職人が修理したとしても、工場出荷時の状態に100パーセント戻すのは不可能です。

 

事故車の「サイン」は完璧に消せるものではありません。

 

いくら隠そうと思っても、車に「事故車です」と書いてあるというわけです。

 

事故車の買取価格はどれくらい下がる?

 

事故車の買取価格は、少なくとも2~3割ほど下がります。

 

つまり、無事故で100万円なら、事故車だと高くても70~80万円ということです。

 

たとえば、トヨタの「クラウン」クラスの車を売るとして、無事故なら200万円で売れるケースで考えてみましょう。

 

損傷した場所によって違ってきますが、たとえば「フロントサイドメンバー」に修復跡が見られるとします。

 

この場合、次のような計算をするわけです。(計算式の意味は省略)

 

基本価格 200万円
見なし修理費 240万円
係数1 4.8
係数2 1.3

 

200×240=48,000
48,000の平方根=約219
219÷4.8×1.3=約60万円の減額

 

基本価格200万円に対して、約60万円の減額なので、買取価格3割減です。

 

このように、通常は自動的に2~3割ほど買取価格が下がると考えてください。

 

そこからさらに、査定士それぞれの判断で、プラスマイナスの調整が入ります。

 

事故車を高く売るための価格交渉術とは?

 

事故車を高く買ってもらうのは、現実にはなかなか難しいかもしれません。

 

ですが、価格交渉は、私たちユーザーに与えられた権利!

 

言い値で素直に契約するのではなく、1万円でも2万円でも高く買ってもらえないか交渉してみましょう。

 

一番オーソドックスなやり方は、いわゆる「相見積もり」をとることです。

 

たとえばガリバーから見積もりをとって、さらにカーセブンやビッグモーターからも見積もりをとるわけです。

 

そして、たとえばガリバーに「ビッグモーターさんは100万円出してくれましたよ」と言ってみましょう。

 

すると、「じゃあ105万円でどうですか?」となるかもしれません。

 

もちろん、そうならないかもしれませんが、ダメ元で相談してみればいいわけです。

 

事故車というハンデがあると、価格交渉はなかなか厳しいです。

 

でも、相見積もりをとって、しっかりコミュニケーションをとれば、数万円の見積もりアップは現実的にありえる話です。

 

自分の車が事故車かどうか調べるには?

 

新車で買った車なら、事故車かどうかは自分がいちばん分かってると思います。

 

ですが、中古で買った車だと、前のユーザーが事故を起こしていても確認できません。

 

走行中にへんな音がするとか、ドアが閉まりにくいとか、その原因が「じつは事故車だった」ってこともありえる話なんです。

 

「うちの車、事故車だったらどうしよう?」

 

そんな不安を少しでも感じるなら、一度調べたほうがいいかもしれません。

 

具体的には、たとえばガリバーなどの中古車買取店に査定してもらうのが手っ取り早いです。

 

実際に売るかどうかは別として、プロの査定士に見てもらうわけです。

 

プロの査定士が見れば、事故車かどうか確実にわかります。

 

そのうえで、もし見積もり金額に納得するならそのまま売ってもいいでしょう。

 

もちろん、金額に納得できなければ、無理に売る必要はありません。

 

車は「命に関わるもの」なので、事故車かどうかはきちんと把握しておいたほうがいいと思います。

 

修理する?やっぱり廃車?それとも売る?

 

不幸にも事故ってしまったら、3つの選択肢があります。

 

  • 修理して乗り続ける
  • そのまま廃車にする
  • 売って現金化する

 

どの選択肢を選ぶかは、「修理費用」がいくらかかるか、そして「自動車保険」でいくらもらえるかで変わってくると思います。

 

まず、事故による損傷の程度が軽い場合には、修理して乗り続けるのがいいかもしれません。

 

たとえば、バンパー等の交換と、ちょっとしたフレーム矯正…

 

イメージとしては、修理費用50万円以下ですむ程度でしょうか。

 

一方で、損傷の程度がひどい場合には、修理が現実的でないこともあるでしょう。

 

たとえば、フロントがグチャグチャになって、修理費用が100万円を超えるようなケースです。

 

そもそも「修理できません」と言われてしまうこともあるでしょう。

 

その場合は、解体業者で「廃車」にするか、廃車専門の買取業者に「売る」かどちらかになります。

 

簡単なのは断然「売る」ほうで、いくらかお金になるのもメリットです。


【まとめ】事故車を売る場合の注意点

 

もしも事故車(過去に修復歴のある車)を売るなら、間違いなく「バレる」と思っていいでしょう。

 

事故歴を隠して売りたいとは思っても、プロの査定士が手順通りにチェックすれば、隠しきれるものではないです。

 

ということで、このページでお話してきたことを簡単にまとめておきます。

 

  • 事故車かどうかは確実にバレる
  • 修復歴について聞かれたら正直に答える
  • あとでバレると返金請求もある
  • 事故車=修復歴車
  • モノコック構造の損傷が問題となる
  • 告知義務はあるという前提で交渉
  • 事故車は自らサインを発している
  • 事故車の買取価格は少なくて2~3割減
  • 相見積もりで価格交渉が基本
  • 廃車にするより売ったほうがお得

 

修復歴のある車は、安全性や走行性能がどうしても低下してしまうもの。

 

長く乗り続けるよりも、どこかのタイミングで新しい車に乗り換えたいものですね。

 
このページの先頭へ戻る