【車を高く売る方法2-1】車が高く売れる時期は?

車,売る,時期

 

一般的に、商品の値段は、「需要」と「供給」の関係で決まります。欲しい人が多ければ(需要が多ければ)値段が上がりますし、欲しい人が少なければ(需要が少なければ)値段も下がります。

 

  • 欲しいと思う人が多い → 値段が上がる
  • 欲しいと思う人が少ない → 値段が下がる

 

私たちが中古車買取業者に車を売るときの「査定額」も同じです。中古車市場で需要が多ければ、車を高く買い取ってもらえます。逆に、中古車市場で需要が少なければ、車を高く売ることができません。

 

 

【1】車を高く売るのに最適な時期とは?

 

では、中古車市場において、需要が増える時期は、具体的にいつ頃でしょうか? これについては、次のグラフが参考になります。

 

新車,販売数,月ごと

 

このグラフは、「新車」の販売件数を、月ごとに集計したものです。当然、新車と「中古車」の販売件数には、相関関係があります。つまり、新車が売れる時期というのは、同時に中古車も売れる時期と考えていいです。

 

車がよく売れる時期は「3月」

 

グラフを見ていただいてわかるように、車がよく売れている時期は「2〜3月」です。特に3月は、車の販売台数が目立って増えているのがわかります。

 

なぜ3月に車が売れるのかというと、4月に年度が切り替わり、新生活が始まる(生活環境が変わる)人が多いことが原因だと思われます。

 

つまり、就職や転勤などで、4月から車が必要になる人が多く、2月中旬くらいから3月にかけて、車を購入する人が増えるというわけです。

 

車を売るなら「販売ピークの1〜2ヶ月前」が狙い目

 

2〜3月に車が売れるということは、中古車買取業者は、それより前の時期に、十分な在庫を確保しておかないといけません。せっかく車が売れる時期なのに、在庫がなければ機会損失になってしまうからです。

 

ということはつまり、「販売ピークの1〜2ヶ月前(12〜2月ころ)」の時期は、いわゆる「買い取り強化月間」と考えていいです。在庫を少しでも増やしていくために、ライバル他社より多少高くても、どんどん買い取ってくれる時期になります。

 

この時期に愛車を売れば、他の時期に売るよりも、多少は高く売れる可能性があると考えていいでしょう。

 

【2】売りたいときが本当の売りどき

 

車が高く売れる(可能性のある)時期について説明してきましたが、現実的な話をすると「売りたいときが売りどき」と考えていいと思います。

 

というのも、いくら「買い取り強化月間」であっても、買取価格が何割も変わってくるとは考えにくいからです。せいぜい数万円アップ程度の話ではないでしょうか。

 

一方で、私たちの愛車は、時間が経過するごとに市場価値が下がっていきます。さらに言えば、駐車場代とか、ガソリン代とか、維持費もバカになりません。

 

どうせ売るのであれば、早め早めに行動するほうがいいです。古い車は早めに手放して、新しい車に早めに乗り換えたほうが、スッキリするような気がします。


\いくらで売れるかすぐ分かる/

※相見積もりを取るならこちらが便利(最大10社)