【車を売る方法・5選】手軽に高く売るにはどの方法がベストか?

車を売るなら「買取価格」と「手軽さ」の両立がポイント

あなたの愛車を高く売るには? → こちら

 

車を売るなら、できるだけ高く売りたいですよね? そして、それと同時に、なるべく手軽に売ることができたら、うれしくないですか?

 

  • 「できるだけ高く売りたい!」
  • 「できるだけ手軽に売りたい!」

 

ですが残念なことに、「手軽さ」と「買取価格」は一般に反比例の関係です。つまり、高く売ろうと思うとめんどくさくなり、手軽に売ろうと思うと安くしか売れなくなるわけです。

 

車の買取価格は手間と反比例する

一般に、買取価格と手軽さは反比例してしまう

 

では、「手軽だけど高く売れる方法」は存在しないのかというと、そんなことはありません。「手軽に売る」と「高く売る」を両立できる方法は、ちゃんと存在します。安心してください。

 

その方法とは何か、具体的に説明していきます。

 

車を売る方法には「5つ」ある!

 

まず基礎知識ですが、車を売る方法には5つあります。ディーラー下取り、飛び込み交渉、個人売買、オークション、見積もり比較の5つです。

 

車を売る方法には5つある

車を売る方法には5つあります

 

それぞれ簡単に説明すると、次のような売り方になります。

 

車を売る5つの方法:それぞれの特徴と交渉相手
1.ディーラー下取り 車を買い換えるときに、車の購入代金から割引きしてもらうシステムのこと(交渉相手:ディーラー、販売店)
2.飛び込み交渉 近所の中古車買取店に、飛び込みで買い取りを依頼する方法(交渉相手:中古車買取店)
3.個人売買 家族・友人・同僚など、自分の愛車を欲しがっている人に売る方法(交渉相手:知り合い)
4.オークション ヤフオクやメルカリなどのネットオークションに出品して売る方法(交渉相手:見知らぬ個人、あるいは業者)
5.見積もり比較 複数の中古車買取業者に見積もりを出してもらって、一番高いところに売る方法(交渉相手:中古車買取店)

 

では、これら5つの売り方の、どれが「手軽だけど高く売れる方法」になるでしょうか?

 

「買取価格」と「手軽さ」のバランスに着目すると、どの方法で売るのがベストか?

 

ここで、これら5つの方法を、「買取価格」と「手軽さ」のバランスに着目して分類してみましょう。次の図をご覧ください。

 

買取価格と手軽さのバランスに着目して車の売り方を分類

買取価格と手軽さに着目して分類

 

上の図のように分類できる「根拠」は次のとおりです。

 

車を売る5つの方法:メリット・デメリット
1.ディーラー下取り とにかく手軽だが、ディーラーの言い値で買取価格が決まってしまう。損している認識がないまま、損させられてしまうので注意。
2.飛び込み交渉 中古車買取店は「安く仕入れて高く転売する」というビジネスモデル。相手はプロなので、がんばって価格交渉しても、高く売るのは難しい。
3.個人売買 市場で値段がつかないような車でも、知り合いなら買ってくれる可能性がある。ただし、知り合いに高く売りつけるのはトラブルのもと。
4.オークション 思わぬ高値で売れる可能性がある。ただし、相手が怪しい人物だったり、書類の手続きが面倒だったり、難しい問題がいろいろある。
5.見積もり比較 見積もりを比較するのは、昔から一般的に行われている「交渉術」のひとつ。業者間の競争心理を刺激するので効果が高い。

 

それぞれの売り方にはメリット・デメリットがあります。100%完璧な売り方は存在しないですが、メリット・デメリットを比較して、リスクが少ない売り方を選ぶのが現実的です。

 

車を売るなら「高いのに手軽」なゾーンが狙い目

 

以上まとめると、車を売るなら下図のオレンジ色の部分「高いのに手軽」なゾーンが狙い目です。つまり、「見積もり比較」して売るのが、もっともリスクの少ない売り方と考えていいでしょう。

 

見積もり比較は手軽さと価格を両立した売り方

見積もり比較で売ると価格と手軽さを両立できる

 

ただし、ひとつ注意点があります。それは、「できるだけ効率的な方法で見積もりを集めましょう!」ということです。

 

見積もり集めに時間をかけてしまうと、左上の「高いけど面倒」のゾーンに入ってしまいます。つまり、「狙い目ゾーン」から外れてしまうわけです。これでは、バカバカしいですよね?

 

効率的に見積もりを集めましょう → こちら

 

いかに効率的に見積もりを集めるか。ここが、見積もりを比較して車を売るときの最大のポイントになります。では、具体的にどのような方法で、見積もりを集めればいいでしょうか?

 

愛車の見積もりを集める「2つ」の方法

 

複数の中古車買取業者から見積もりを集めるには、2つの方法があります。1つ目は「飛び込み交渉を何度も繰り返す」やり方。そして2つ目は「一括査定」というやり方です。

 

飛び込み交渉を繰り返すか、一括査定で手軽に売るか

愛車の見積もりを集めるには2種類の方法がある!

 

それぞれ、順番に説明します。

 

見積もり比較<1>:飛び込み交渉を何度も繰り返す

 

「飛び込み交渉」を1回やるだけなら、手間はそんなにかかりません。ですが、複数の中古車買取業者を一軒一軒回って、見積もりを集めていくのは、かなり大変な作業です。

 

近所の中古車買取店を一軒一軒回って飛び込み交渉

 

しかも、先ほどもお話ししましたが、中古車買取店は「安く仕入れて高く転売する」というビジネスモデルです。相手もプロの営業マンなので、高く売るには高いレベルの交渉力が必要になります。

 

飛び込み交渉で高く売るのは難しい

飛び込みは高い交渉能力が必要

 

もちろん、普段営業のお仕事をしている人など、交渉ごとが得意な方も少なからずいらっしゃいます。そういう方にとっては、一軒一軒回って価格交渉していくやり方は効果的だと思います。

 

ですが、普通の人たちにとって、一軒一軒回って、価格交渉を繰り返すのは難易度が高いです。精神的にも、肉体的にも、ヘトヘトに疲れてしまうのがオチでしょう。

 

では、どうすればいいのか? そんな不便さを一気に解消できるのが、次に説明する「一括査定」です。

 

見積もり比較<2>:一括査定

 

「一括査定」というのは、複数の中古車買取業者に、一度に出張査定を依頼できるサービスのことです。

 

中古車一括査定はこちら

 

愛車の基本情報と、あなたの連絡先など入力して送信すれば、最大10社の中古車買取店を自動的に紹介してもらえます。

 

愛車の基本情報
  • メーカー名 ・・・ トヨタ、ホンダなど
  • 車種名 ・・・ クラウン、オデッセイなど
  • 年式 ・・・ 初年度登録がいつ頃か?
  • 走行距離 ・・・ おおよそ何万キロか?

 

あなたの連絡先など
  • お名前 ・・・ あなたのお名前
  • 電話番号 ・・・ 携帯番号(連絡のつく番号)
  • 郵便番号 ・・・ エリア内の業者を特定するため
  • 住所 ・・・ 出張査定に来てもらう住所
  • メールアドレス ・・・ 連絡のつくもの

※年式や走行距離は、だいたいの数字で大丈夫です。
※利用料はかかりません。無料です。
※入力フォームはこちら

 

必要事項を入力して送信すると、一括査定のシステムが、お住まいのエリアの中古車買取業者に自動で連絡してくれます。

 

あとは、それらの業者から、査定担当者が来てくれて、愛車の細かいコンディションをチェックしたあとに、詳しい見積もりをもらえるという流れです。

 

自分は動かなくていいので「手軽」です

 

一括査定のいいところは、「見積もり比較」が前提のサービスだというところ。つまり、中古車買取業者の立場で考えると、ライバル他社の見積もり価格を意識せざるをえないということです。

 

車を買取業者同士の価格競争で高く売る

価格交渉しなくても「高く売る」ことができます

 

査定士の立場で考えてみてください。もし、利益をたっぷり見込んで、相場価格を無視した安い価格(いわゆるボッタクリ価格)をつけると、ライバル他社に競り負けてしまいますよね?

 

そのため、損益分岐点ギリギリくらいで、本気の見積もり価格を提示せざるをえません。逆に言えば、私たちユーザーからすると、無理に価格交渉しなくても高く売れてしまうということです。

 

これこそが、まさに一括査定を利用する最大のメリットといえます。

 

金額確定! あとは「売るか」「売らないか」の判断

 

ということで、ここまでの手順で、じゅうぶんな数の見積もりが集まりました。あとは、それらの金額を比較して、「売るか売らないか?」「売るとしたらどの業社に売るか?」を判断するだけです。

 

「売らない」という判断もあり

 

誤解してる人も多いですが、査定してもらったからといって、「強制的に売らされる」などということはないです。売るか、売らないかは、あくまで「あなた自身」に決定権があります。

 

金額に納得できなければ「車を売らない」という判断もあり

目標金額に届かなければ売らない判断もあり

 

なので、見積もりをたくさん集めたけれども、目標金額に届かなかったということであれば、無理に契約する必要はないです。売るのはやめて、今の車に乗り続けるのも、ぜんぜん「アリ」です。

 

逆に言うと、この「目標に達しなければ売らない」という選択肢も持っておくことで、堂々と価格交渉することができます。あくまでも、交渉の主導権はあなたが握っているという状況を作り出すことができるわけです。

 

金額に納得できたときのみ「売る」という判断を!

 

一方で、「目標金額をしっかりクリアした」とか、「このくらいの金額なら納得できる」という見積もりを出してもらえたなら、そのときは気持ちよく契約しましょう。

 

あくまで金額に納得したときだけ「車を売る」という判断をしましょう

「金額に納得した」ときだけ売りましょう

 

車の市場価値は時間が経つほど下がっていくもの。なので、「また今度でいいや」とスルーすると、二度とその金額は出てこないと考えられます。

 

感覚的に100%でなくても、80%くらいの金額が提示されたなら、売るという決断でいいのではないでしょうか。逆に、感覚的に50%とか、30%といった金額であるなら、無理に売る必要はありません。

 

車を手軽に高く売る方法のまとめ

 

以上まとめると、次の図のように分類できます。

 

一括査定を利用して車を売ると「手軽さ」と「買取価格」を両立できる

「高いのに手軽」なのは一括査定 → こちら

 

車を売るなら、どの方法で売るのがベストか? これは正直なところ、ケース・バイ・ケースです。

 

たとえば、とにかく手軽さを優先するなら「ディーラー下取り」を選べばいいですし、高く買ってくれる知人がいるなら「個人売買」を選ぶのもいいでしょう。

 

ですが、いずれにせよ、「手軽さ」と「買取価格」のバランスがいいのは「一括査定」を利用する方法で間違いないです。特に、価格交渉が苦手な方は、選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか?

 


【特集記事】車を高く売るための絶対的ルール

車を高く売るには絶対的ルールがあった!その秘密をすべて公開します。

車を高く売るにはどうすればいいのか? この重要なテーマについて、ネット上にはいろんな意見があります。ですが、結論を言えば、ここで紹介する売却方法がベストです。

車を高く売るためのルールとは? ≫


このページの先頭へ戻る