車を高く売る方法を解説します。まずは、実際の「売却事例」から見てみましょう!

5年落ちのプリウス(1.8Sツーリングセレクション、走行距離37,531km)を売ったときの話です。ディーラーの担当者に「下取りだといくらになりますか?」と聞いてみたところ、「コミコミ75.6万円でいかがでしょう?」と言われたんです。

 

最初、下取り価格75.6万円と言われたが

 

こう言われて、あなたならどうしますか? そのまま下取りで契約しますか?

 

実際のところ、業者の言い値でそのまま契約してしまうのは、リスクがあると思うんです。こっちは相場価格がわからないので、その価格が高いか安いか判断できないからです。

 

そこで、どうしようか悩んだんですが、とりあえず損したくなかったので、その場はいったん保留にさせてもらいました。そして、一括査定で見積もり比較することにしたんです。すると・・・

 

下取り価格75.6万円が32.4万円アップの108万円に!

 

結果的に、その場で決めなくて正解でした。一括査定で6社に査定してもらったら、もっと高く売ることができたからです。

 

車を高く売った事例(下取り価格75.6万円のプリウスを108万円で売却成功)

 

ややこしい価格交渉は特にしなかったんですが、1社目、2社目、3社目と、査定額がどんどん高くなっていって、おっ!おっ!おっ!って感じでした。

 

そして最終的には「108万円」を出してくれた業者と契約。結果的に「108−75.6=32.4万円」の大幅アップとなりました。やはり、ひと手間かけででも、見積もり比較しなきゃダメですね。勉強になりました。

 

ではさっそく、見積もり比較の「手順」を総ざらいしていきましょう!

 

ということで、今回うまくいった「見積もり比較」の手順を、ここから具体的に詳しく説明していきます。「価格交渉が苦手」なんて思っている方でも大丈夫。ぜんぜん難しくないので、そのままマネして、手順通りにやってみてください。

 

手順通りにやったら車が高く売れました

 

簡単なのに高く売れる手順とは?

 

車を高く売る手順<1>:見積もりを依頼する

 

見積もりを比較するには、複数の中古車買取業者から、見積もりを集めないといけません。ですが、見積もりを集めるために、あなた自身が、わざわざ中古車買取店に行かなくてもいいので安心してください。

 

中古車一括査定という便利なサービスがあって、それに申し込むだけで、最大10社の見積もりが自動的に集まってきます。もちろん無料なので、利用しないのはもったいないです。

 

車,売る,見積もり比較,スマホ

※便利な一括査定はこちら(無料)

 

スマホでも、パソコンでも、どちらでも申し込めます。申込み方法も簡単で、「愛車の情報」と「あなたの情報」を入力して送信するだけです。

 

愛車の情報
  • メーカー名(トヨタ、日産など)
  • 車種名(プリウス、エルグランドなど)
  • 年式(製造された年、車検証に書いてあります)
  • 走行距離(だいたいの数字がわかればOKです)

 

あなたの情報
  • お名前
  • 電話番号(電話で出張査定の日時を打ち合わせます)
  • 郵便番号
  • 住所(出張査定に来てもらう住所)
  • メールアドレス

 

年式や走行距離は、多少間違えていても大丈夫です。ここで入力した情報だけで、正式な査定額が決まるわけではないからです。

 

いずれにしても、まずは一括査定サイトがどんなものか、自分の目で確認してみるのが大切です。以下のリンクから、実際の一括査定サイトがどんなものか、一度チェックしてみましょう。

 

 

はい。それでは、ここから「一括査定に申し込んだあとの流れ」を説明していきましょう。価格交渉はどうすればいいかなど、あなたが実際に車を売るときの参考になるはずです。

 

最大10社の買取業者に見積もり依頼&概算価格

 

必要事項を入力して送信すると、例えば「ガリバー、ビッグモーター、カーセブン、アップル、タックス、オーエス、レッツの7社に見積もりを依頼しました。」といった案内が表示されます。

 

お住まいのエリアに存在する中古車買取業者の中から、最大10社に、自動的に見積もり依頼してもらえるわけです。自分で10社に連絡するのと比べると、かなり便利で助かりますよね。

 

そして、参考値として、概算価格(実際の中古車市場で取引されている金額から推定される相場価格)を教えてもらえます。

 

車,売る,見積もり結果,スマホ

一括査定申込み直後に「概算」が表示されます

 

ただし、この時点で表示されている概算価格は、おおざっぱな目安と考えてください。実際に売る金額は、愛車の状態を、中古車買取業者の担当者(査定士)がチェックした後に決定されます。

 

ここで表示される概算価格は、例えば「55〜85万円」などと、大きな幅があるのが普通です。この数値の平均値が基準価格で、愛車のコンディションによって実際の買取額が上下すると考えていいでしょう。

 

ちなみに、査定額に大きく影響する項目としては、事故歴(修復歴)、ボディーの色、へこみ、歪み、傷、エンジンの状態など多岐にわたります。それらを総合的に判断されて、最終的な買取額が決定されます。

 

車を高く売る手順<2>:出張査定&見積もり比較

 

車,売る,買取業者,電話

出張査定の日時を打ち合わせるための電話があります

 

中古車一括査定に申し込んでしばらくすると、それぞれの買取業者から順番に電話がかかってきます。その電話で、「あなたの愛車をチェックさせてほしい」という話と、そのための「スケジュール調整」の話があります。

 

あなたの都合のいい日時を伝えて、出張査定のスケジュールを決定してください。

 

できれば、出張査定前に洗車しておくとGood!

 

車,売る,査定前,洗車

汚れが目立つ場合は洗車しておいたほうが無難です

 

出張査定のスケジュールが決まったら、査定を受ける前に、洗車しておくといいです。理由は、余計な「減点」をされないためです。

 

査定するのは人間なので、汚れが目立つと減点したくなるかもしれません。すると2〜3万円くらい損するかもしれず、もったいないです。なので、時間に余裕があるなら、かるく水洗いだけでもやっておいてください。

 

ボディー(外装)を洗車するのはもちろんですが、車内(ダッシュボード、シートなど)も軽く掃除しておきましょう。エンジンルーム内も、目立つ汚れは拭き取っておくといいです。

 

出張査定&価格交渉

 

車,売る,出張査定

「査定士」の資格を持った営業マンが細かくチェックします

 

いよいよ出張査定当日。査定士さんがあなたの自宅(あるいは指定の場所)にやってきて、あなたの愛車のコンディションを細かくチェックしていきます。具体的なチェック項目は、次のようなものです。

 

  • 車の基本情報(車検証の情報、走行距離など)
  • 外装の評価(板金塗装の必要性など)
  • 内装の評価(汚れ、ニオイ、痛み具合など)
  • エンジン・足回り・電装品の評価
  • タイヤ・アルミホイールの評価
  • 車両本体の商品価値の評価
  • 装備品の評価

 

査定のやり方には、自動車業界統一の基準があります。「一般財団法人 日本自動車査定協会」(通称JAAI)が定めている「中古自動車査定基準及び細則」というものです。

 

実際の査定の現場では、JAAIの「カーチェックシート」に記入していって、最終的な査定価格を割り出していきます。

 

JAAIのカーチェックシート

JAAIの「カーチェックシート」

 

このように同じチェックシートを使って査定するわけですが、実際の査定価格は各社バラつくのがおもしろいところです。買取業者ごとに重点チェックポイントが違っていたり、査定士の個人的なクセが影響するのかもしれません。

 

さらに言うと、ライバル業者がつける査定価格を意識して、微調整(場合によっては大幅調整)することもあります。こちらとしても、見ていてドキドキ・ワクワクしてしまう、楽しい瞬間です。

 

各社の見積もり結果を比較

 

車,売る,見積もり結果,比較

一番高いところに売るのがセオリーですが…

 

各社の見積もりが全部そろったら、最初のほうに来てくれた買取業者に、確認の電話をしてみるのをおすすめします。例えば、A社、B社、C社、D社、E社の順番に査定してもらったのであれば、A社とかB社とかに電話してみるわけです。

 

そして、次のように話をしてみてください。

 

あなた「さきほどは、どうもありがとうございました。おかげさまで、全部の見積もりがそろいまして、最高で○○○万円までつけてもらいました。」

A社の査定士「○○○万円ですか・・・。うーん。わかりました。では、さらに5万円プラスして、△△△万円でいかがでしょうか?」

 

車,売る,買取業者,決定

最後のひと粘りで数万円アップを狙いましょう!

 

これが「価格交渉」です。少しでも高く売るために、いろいろな材料を提示しながら、粘り強くコミュニケーションをとるのが成功の鍵です。

 

もちろん、「○○○万円は、うちは無理です。ギブアップです。」と言われるかもしれません。それでも、いちおう交渉してみる姿勢が大切です。

 

車を高く売る手順<3>:愛車の引き渡し&振り込み

 

車,売る,鍵,引き渡し

見積もりが一番高かった買取業者と契約しましょう

 

ということで、価格交渉も終わって、最終的な見積もり額が確定したら、一番高い見積もりを提示してくれた買取業者と契約しましょう。

 

売買契約には、以下のものが必要です。(印鑑証明書以外は、すでに手元にあるはずです。印鑑証明書は、契約が決まってから用意すれば大丈夫です。)

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券

 

引っ越しして名義変更してない場合は、住民票が必要になります。名義変更手続きを買取業者に任せるなら、委任状を用意しましょう。ローンが残っている車を売るなら、ローンを処理するための書類が必要になります。

 

買取業者の担当者が「これとこれを、こうやって用意してください」と指示してくれるので、その指示に従ってください。

 

契約の際には、「お金をいつどのような方法で支払ってもらえるか」を必ず確認しましょう。通常は、2〜3営業日以内に、銀行振込で支払われるケースが多いようです。

 

車,売る,振り込み,銀行

お金を受け取って車売却完了です!

 

そして、振込予定日になったら、実際に振り込まれたかどうかを、必ず確認してください。もし振り込まれていない場合には、必ず担当者に電話しましょう。大きな金額が動くので、確認を徹底してください。

 

お金が支払われたと確認できても、1〜2週間くらいはそのまま銀行口座に置いておくほうが無難です。というのも、後から返金請求される可能性が、ゼロではないからです。

 

例えば、事故車であるのを隠して(あるいは知らずに)契約したとしましょう。それが、後になって事故車だったと判明すると、「瑕疵(かし)」があったという理由で契約破棄(返金請求)となるわけです。

 

お金を使ってしまってから返金請求されると困ってしまうので、とりあえず1〜2週間くらいは手を付けずにおきましょう。

 

車を高く売る手順の「まとめ」

 

車,買い替え,スポーツカー

手順通りにやれば、あなたも絶対高く売れます!

 

以上、車を高く売る方法について説明してきましたが、いかがでしたか?

 

あなたの愛車は、あなたの大切な資産です。くれぐれも安く買い叩かれることがないように、このページで説明してきた「車を高く売る必勝パターン」を試してみてください。

 

簡単に手順をまとめておきます。

  1. 中古車一括見積もりに申し込み → こちら
  2. 大雑把な見積もりがメールで届く
  3. 買取業者の担当者とスケジュール調整
  4. 出張査定を受けて正確な見積もりをもらう
  5. 見積もりがそろったら最終的な価格交渉
  6. 一番高い買取業者に売る

 

車を高く売るには「見積もり比較」をして、買取業者同士で「価格競争」してもらうのが一番効果的です。再現性のある確実な方法で、あなたの愛車も最高に高く売ってください。

 

参考までに、人気のあるメジャーな一括査定サイトを、ランキング形式で紹介しておきます。一括査定サイトはたくさんあるのですが、ここでは運営会社がしっかりしたところだけを厳選しました。気に入ったものを利用してみてください。

 

かんたん車査定ガイドの特徴
最大10社の見積もりが集まる一括査定サイト、東証一部上場企業の株式会社エイチームが運営
価格
無料
評価
評価5
備考
提携業者数:約50社
かんたん車査定ガイドの総評
大手の有名買取業者のみを最大10社紹介してもらえます。すべてJADRI加盟の信頼できる買取業者のみなので、いわゆる悪徳業者を紹介されてしまうリスクがなく安心です。

カーセンサーの特徴
最大30社の見積もりが集まる一括査定サイト、株式会社リクリートマーケティングパートナーズが運営
価格
無料
評価
評価4.5
備考
提携業者数:1000社以上
カーセンサーの総評
提携買取業者数が1,000社以上。あなたの車を積極的に欲しがる買取業者が必ず見つかります。何が何でも高く売りたいならカーセンサーが文句なしに狙い目です。

楽天カーサービスの特徴
最大10社の見積もりが集まる一括査定サイト、楽天市場でおなじみの楽天株式会社が運営
価格
無料
評価
評価4
備考
提携業者数:100社以上
楽天カーサービスの総評
楽天市場を日常的に利用しているなら、楽天カーサービスを選ぶといいでしょう。ポイントがもらえてお得ですし、個人情報をわざわざ登録する必要もないからです。

カービューの特徴
最大8社の見積もりが集まる一括査定サイト、ヤフーの子会社、株式会社カービューが運営
価格
無料
評価
評価3.5
備考
提携業者数:200社以上
カービューの総評
日本で一番最初に一括査定サービスを始めたのが、こちらのカービュー。輸出業者が多数参入しているため、古い車・過走行車でも高く買ってもらえる可能性が高いです。

ズバット車買取比較の特徴
最大10社の見積もりが集まる一括査定サイト、東証マザーズ上場企業ウェブクルーが運営
価格
無料
評価
評価3
備考
提携業者数:200社以上
ズバット車買取比較の総評
良くも悪くもごく普通の一括査定サイト。ある意味「スタンダード」的な一括査定サイトといえるでしょう。どれがいいか悩む場合はズバット車買取比較を選んでおくと間違いないです。

 

中古車一括査定は、なぜ無料で利用できるのですか?

結論から言うと、買取業者が利用料を支払っているからです。私たちユーザーが無料で利用できる代わりに、買取業者が「紹介料」を払っているわけです。

 

中古車買取店にとっては、利用料を支払ってでも、ユーザーを「紹介」してもらえるというのはメリットです。一方で、私たちユーザーにも「便利」かつ「高く売れる」というメリットがあります。

 

顧客と企業を結ぶ「マッチングサービス」で、ビジネスモデルとしてはごく健全なものです。心配しなくて大丈夫なので、ありがたく無料で利用させてもらいましょう。

 

一括査定に申し込んだら、絶対に売らなければならないんですか?

一括査定に申し込んだからといって、無理矢理に「売らされる」ことはないので安心してください。あくまでも「買取額に納得した」場合に売ればいいです。買取額に納得できなければ、とりあえず保留という判断も当然ありえます。

 

中古車一括査定のサービスは、あくまでも「ユーザーのためのサービス」です。ユーザーが損しないためにあるサービスなので、便利に利用するのが賢いと言えるでしょう。

 

車を少しでも高く売るには、少しでも早く売るのが鉄則です!

 

ここまで説明してきた「見積もり比較」は絶対的に重要ですが、じつはもう1つ、忘れてはならない重要なポイントがあります。それは、どうせ売るのであれば、「なるべく早く売ったほうがお得」だという事実です。

 

車の価値は時間が経つほど下がってしまう

車検前など、まさに車を売るタイミングといえます

 

悲しいことに、中古車市場における「車の価値」は、時間が経つほどにどんどん下がってしまいます。たとえば、今なら100万円で売れるかもしれない車が、来週には98万円でしか売れないかもしれませんし、来月には95万円でしか売れないかもしれないということです。

 

逆に言えば、一生懸命に価格交渉して5万円高くなったとしても、「もし3ヶ月前に売ってればもっと高かったのに…」ということがありえるわけです。時間が経つほどに価値が下がっていくのは、市場原理の基本中の基本で、避けることができない事実なんです。

 

だからこそ、どうせ売るのであれば、少しでも早く行動したほうが絶対にお得です。タイミングを逃さないこと。これは本当に大切なポイントです。

 

 

【まとめ】車を高く売るための鉄則・3つ

必ず「見積もり比較」しましょう

一番ダメなのは、ディーラーの「下取り」に出したり、「比較せずに売る」ことです。まず間違いなく、こちらが損してしまいます。数万円、あるいは数十万円損するケースもあるので、ほんとに気をつけてください。

 

車を高く売るには、複数の中古車買取業者から見積もりを集めて、比較するのが何より大切です。一括査定を利用して、買取業者同士のライバル心を刺激し、買取額を釣り上げていく作戦が有効になります。

 

どうせ売るなら「なるべく早く」売りましょう

中古車市場では、新しければ新しいほど、高い値段で流通します。逆に、古くなれば古くなるほど、値段が安くなってしまいますし、そもそも商品価値がないと判断されて買い取ってもらえなかったりするほどです。

 

中古車の市場価値は、日毎にどんどん落ちていきます。モデルチェンジが発表されるなどして、いきなり値崩れしてしまうリスクが常にあります。だからこそ、どうせ売るのであれば、今すぐ行動するべきでしょう。

 

上の2つを絶対に守りましょう

何か話を聞いても、「それは知ってる」などと言う人がいます。たとえば本を読んだときも、「知ってることしか書いてなかった」などとケチをつけるわけです。

 

でも、こういう人に限って、ぜんぜん結果が出なかったりします。「知ってる」と言いつつ、実際には「できない」わけです。

 

大切なのは、きちんと結果を出すかどうか。「知ってる」ではなく、「できる」ことが重要なんです。このページを読んだあなたには、なにがなんでも愛車を高く売ってもらいたい。そのためにも、「見積もり比較」&「なるべく早く」の2つだけは絶対に守ってください。

 

※一括査定は「無料」で利用できます。

このページの先頭へ戻る